1. まとめトップ

【KH3】ロストマスターの正体は誰?ルシュの目的は?キングダムハーツの謎・伏線・考察

「キングダムハーツ」の謎である、キーブレード戦争を起こした裏切り者やルシュについてまとめています。

更新日: 2019年02月14日

0 お気に入り 122963 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aBlRtZoさん

現在ファンの間で考察されている、明らかになっていないキングダムハーツの謎についてまとめてみました!
ゲームをプレイされていない方には大きなネタバレになってしまうのでご注意を!

謎① ~裏切り者(ロストマスター)の正体は?~

「ロストマスター」は、KH3で新たに登場したワードですね。若きゼアノートとエラクゥスが「キーブレード戦争は彼ら(ロストマスター)が起こした」と発言しました。
アンチェインドキー(以下UΧ)及びバックカバー(以下BC)では、キーブレード戦争を起こす人物は「裏切り者」と称されています。
つまり『裏切り者=ロストマスター』という事になるのですが、現状、物語の中で裏切り者の正体は明確にはされておらず、ネット上では議論になっています。

予知書について話す2人。
 使用するチェスの駒も意味深です…。

謎を解く鍵は「ロストページ」に?

未来の見えるマスターオブマスターが記した『予知書』の欠けた一片、『ロストページ』にはその裏切り者について記されています。ではその内容を見てみましょう。

「不調和を許さず、運命を悲観し真の強さを見失う」
「真実を読み違え秘密に踏み込む」
「そしてその一振りによって、最後の戦いを告げる鐘が鳴る、遂に戦いがはじまるのだ、定められた刻が……」

とあります。
まず、最初の二文に注目して、文節分けしてみます。すると…
「不調和を許さず」「運命を悲観し」「真の強さを見失う」
「真実を読み間違え」「秘密に踏み込む」

この5つ、ゲーム内でのキャラクターの行動を当てはめるとピッタリ意味が合うのです。

「不調和を許さず」 監視役のインヴィ
「運命を悲観し」  1番戦争を恐れていたアヴァ
「真の強さを失う」 マスターの教えを破ったアセッド
「真実を読み違え」 アセッドを裏切り者だと断定したグウラ
「秘密に踏み込む」 ロストページをグウラから奪おうとしたイラ

マスターオブマスターから「予知書」を受け取った5人の弟子。それぞれがマスターから別々の使命を与えられ、行動していた。

左からイラ、インヴィ、グウラ、アヴァ、アセッド

そして最後の一文「その一振りによって…」は、六人目の弟子『ルシュ』を不審に思ったアヴァがルシュに戦いを挑んだ際に、デイブレイクタウンの鐘が鳴った事を指していると考えられるのです!
まさか、裏切り者の正体が、キーブレード戦争を阻止しようと行動していた予知者5人だったなんて…と驚きますが、あくまで考察です。

今後の作品で明らかになるのが楽しみですね。

謎② 『6人目の弟子ルシュの持つ「謎の箱」の中身は?「ノーネーム」の継承者は?』

6人目の弟子にして他の5人とは別の使命を与えられた『ルシュ』。BCでは、マスターオブマスターから「謎に包まれた箱」を渡された事も明らかになり、彼についての考察はファンの間でも大きな盛り上がりを見せています。

彼の名前のスペルは「LUXU」。名前に『異端の印』であるXが刻まれているのです。
加えて、使用するキーブレードはゼアノートと同じ『ノーネーム』
彼の使命は、贖罪の山羊たるキーブレード『ノーネーム』を後世へと引き継ぐ事と、マスターから授かった黒い箱を守り続ける事。
シリーズ屈指の悪役ゼアノートと、ルシュには深い関係があるのでしょうか?

そして渡された箱には何が入ってるいるのでしょうか?
真のキングダムハーツやΧブレード関係があるのでしょうか?
それともマスターの肉体…とか?

手には「ノーネーム」
足元には「黒い箱」
どんな意味が…?

キングダムハーツ3で明らかになったルシュの秘密

KH3はダークシーカー編の最終章としてゼアノートの戦いの行方を描いたストーリーが描かれ、予知者やルシュが活躍することはありませんでしたが、本編クリア後に解禁される「エピローグ」では予知者5人とルシュが登場し、衝撃的な展開となりました。

なんと現在のルシュの姿はシグバールでした。

ルシュはマスターオブマスターの使命通りにノーネーム(贖罪の山羊)を違う人物へと継承し、ルシュ本人はその肉体を転々と代えながら、ノーネームが後世に引き継がれる様子を静かに見守っていたのでした。

予知書の『彼の地で光は闇に敗北する』というを結末を引き起こす人物である"選ばれし者(ゼアノート)"がその計画を実行に移すことを確認すると、ルシュはブライグ(シグバール)としてキーブレードの力を欲する愚者を装ってゼアノートに近づき、ノーネームとこの世界の結末を見届けていたのでした。

そしてソラによりノーネームの主であったゼアノートが倒されると、ルシュはキーブレード墓場へ現れ、再びノーネームの所有者となりました。

予知者を集めるルシュ=シグバールですが、そこにアヴァの姿はありません…。
ルシュは「アヴァはアヴァの使命を全うしたんだろう」と言いますが、その真意は謎に包まれています。
また、どのような方法で予知者4人をこの時代へと連れてこれたのかも謎です。

KHでは肉体を捨てる事で時代を超える方法が存在しますが、その方法ともまた違いそうです。

元々、予知者とルシュは世界を救う為にマスターの使命に従って行動していました。
ソラたちの活躍で世界は予知書に記された敗北の結末を変えることが出来ましたが、予知者とルシュはこれからどうするのでしょうか。

KH3のシークレットレポートでは著者ルシュと思われるレポートに、マスターオブマスターの帰還を示唆するような記述もあることから、彼らはマスターオブマスターを復活させる事を次なる目標として行動すると考えられます。

次回作はどうなる?キングダムハーツ4は?

1