1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ちょっと怖いけど見たい!2月公開のスリラー映画が楽しみ。

怖いけど。ちょっと見てみたいスリラー(ホラー)映画。2月劇場で楽しんでね~。デッド・フレンド・リクエスト、SYNCHRONIZER、グリーンルーム、ペット檻の中の乙女

更新日: 2017年02月02日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
250 お気に入り 99314 view
お気に入り追加

SNSの恐怖が…デッド・フレンド・リクエスト

本作は、SNSを題材にしたホラー。充実したキャンパスライフを送る女子大生が、あるクラスメイトからの友達リクエストを承認したことをきっかけに惨劇へ巻き込まれていく。

その日から彼女は邪悪な存在に狙われるようになり、親しい友人たちをひとりずつ殺されていく…。

監督は『ベルンの奇蹟』『ラコニア号 知られざる戦火の奇跡』に出演していた俳優のサイモン・ヴァーホーヴェン。

ローラのSNS上の「友だち」も次々と無残な死を遂げ、彼らの死ぬ瞬間の動画が、なぜかローラのアカウントにアップされてしまう。

SNSを通して広がる呪いの連鎖。

デッドフレンドリクエストがちょっと興味あるけど、これは1人無理なやつ( ˇωˇ ) 友達呼ぶか。

脳を同期させるとは。SYNCHRONIZER

ヒトと動物、いやヒトとヒトの脳波を同期させたら、いったいどんなことが起こるのだろうか。

「UN loved」「接吻」の万田邦敏監督

高志の研究はさらにエスカレートし、人間と動物だけでなく人間と人間の脳をつなげることが、母・春子の認知症の治療に活かせるかもしれないという希望を抱く。

公開された予告編は、無認可の研究を続ける男・高志と彼に想いを寄せる同僚・萌が、互いに惹かれていくラブストーリーから始まる。

パンクとスリラーが合体!グリーンルーム

暗くて、おっかない血みどろ監禁系スリラー映画でありながら、パンクマニアも共感できるレベルの高い作品に仕上がった。

楽屋という限定されたシチュエーションで展開される徹底したバイオレンスとスリリングな緊張感は、まさに新しい時代の到来を告げる一作に相応しい!

「ブルー・リベンジ」で注目された新鋭ジェレミー・ソルニエ監督

絶体絶命のピンチから逆転を狙う主人公たちの姿に目がくぎ付けになる。

息が止まるような『Green Room』だが、単なるスリラー映画にはない体験を味わえる。

バンド系で言えば今年はグリーンルームっていう映画が最高に面白そうでな…

パンクバンドのメンバーvs.ネオナチ集団を描いたこのスリラー映画は、無理やりパンク的エッセンスを表現せず、ナチュラルな演技とパンクミュージックをベースに進行する。

これは恐怖でしょう…ペット檻の中の乙女

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する