1. まとめトップ

心が優しくなる話

きっと、、、2分以内に世界一男前に心が優しくなる。

更新日: 2018年08月23日

1 お気に入り 5617 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

君は安心してるかもしれないけど
僕の好きには期限がある。

いつまでも好きではいられない。

でも・・・

僕が生きているうちは
ずっと好きでいるつもりだ。

西野さん、その心意気、男前だね。

大ヒット中の絵本『えんとつ町のプペル』を全ページ無料公開します(キンコン西野) http://spotlight-media.jp/article/370505056378315909?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=twitter_share&utm_content=pc @misterspotlightさんから

男前がいつでも羽ばたけるのは
いつでも荷物を手放せるから。

噂しか出来ない
ブサイクより

噂されまくる
男前を目指そうぜ。

花は離れて見ているのが
一番美しい。

独り占めしようとして
手折れてしまえば
すぐにしおれてしまう。

だから男前は花を
切ったりせずに遠くに眺める。

きっと運やお金も一緒だな。

これから夏突入!にも関わらず
男前は逆をゆく。
クリスマス曲に「来年」の成功を乗せるのさ。


来年

聖なる夜は我が夢の為に 
その果てには君の為に
離れ離れで凍えるけど 
いつか君とのクリスマスを・・・

変化を受け入れ
変化を続けると
見えなかったモノが見えてくる。

変化を続ければ
見えなかった自分自身にも会える。

変化を続ければきっと・・・
超能力を身に付ける事も出来る。

いわゆる、、、
変化を続けると
男前に進化できるって事。

眉間にしわを寄せて、
毎日、怒りながら仕事をして
何の得があるんだい?

男前?

そりゃあ勿論、
横シワで笑顔だらけの毎日よ。

三針物語

回り続ける数字の中で
何度となく待ち続けている

24回きりの触れ合いに
ひと回りを長く感じて・・・

重なったまま
止まってくれればいいのに
秒針が先へと押してゆく
嫌がらせ?を常に感じて
君はつられて動いてゆく

願い叶い重なり合って
今、電池が切れた
このまま背の高い君と
こうやって感じ合いたい

誰も気付かずに
何もしないで
二人を優しく遠くに見ていて

街外れの大きな灯台の下に
この夏、君は舞い降りる。

初めての場所なのに懐かしい夏。

夢で見た「あの言葉」を唱えると
いつも君を感じる事が出来る。

二人で

今夜開く一番星が二人を包み込む
君の心にあるニガい傷跡 そっと撫でるように

二人は強く重なって互いの鼓動で癒していた
もう泣かないでいいよ 僕が傍にいるから

二人でいつまでも終わらない愛を語り続けよう

今夜笑う三日月が二人を照らし出す
僕の心にある君への想い 炙り出すように

ただ傍に居たいと強く想う時が増えてきて
君の事をもっと知りたいと願っている

二人でいつまでも終わらない愛を語り続けよう
明日また会えるから二人は笑顔で会えるから
二人でいつまでも終わらない愛を語り続けよう

恋とは君を神の存在にまで
昇格させてしまう魔法。

愛とは君を自分の一部にまで
同化させてしまう魔法。

いずれにせよ、
男前は君色に染まるのさ。

冒険の帰り道 いつまでも歌っていた
あの歌は胸の中 あの歌は河の中
約束の場所に立ち 笹の船浮かべる
あの日の約束を僕一人届けよう
あの日口ずさんだ歌 まだ忘れずに在る
この胸の奥の方 この河の歌う中

男前が人生で一番嬉しいのは
自分より大切な人がそばにいて
笑顔で語り合える事。

男前の人生で一番大切なのは
自分自身を信じ続ける事。

一番だらけの人生は男前だ。

刀やすめ

また道に迷う我は
刀やすめ寝転ぶよ
春風が髷を緩め
君が残した羽と舞う

流離う我は何処へゆく?
きっと宛ても無く
行ける処まで

寂しくて立ち止まったら
この歌を口ずさむよ

また雨が落ちて来た
君が消えた あの日のように

短すぎる夏が終わりを告げる
君と過ごした夏が流れていくよ



また男前は夏の始まりに
夏の終わりの曲で逆をゆくのです。

花火が消えたら触れ合おう 
自転車止めて重ね合おう
あの橋に架かれれば滲むような 
夜空に瞬く夏の魔法

へちま花


今宵惑いし君が為、
月の舟を使わしめ
夏行く道は遠かりて
あの丘に咲きたもう
「へちま」を取りて

想い募ぶる我が心 
へちまの花に変わりゆく

星のいもせのごとく待ち侘びて
ようべ益々寝付かれず
諸役御免を心にし 君が館へ偲びゆく

背面(そとも)に隠る月光り
互い重なる影包む
君が為、惜しからざし命さえ
長くもがなと思ひけるかな

へちまの花が枯れ増さる 
その姿映せば 我が命のごとし

転んだままでは失敗のまま、

だから男前は、
深くしゃがみ込んで、、、

「もう一度」
高く飛び上がるのです。

男前は逆をゆく

梅雨入り発表、夏の手前の列島に
冬の名曲を男前にピックアップ!

少しは涼しくなりますぜ?

信じる言葉 ありたっけの思いを込めて
君に届ける為、何度だって繰り返している
赤く滲む朝焼けが雲を抜けた 
やっと見えた恋の道のように

月夜に唄いあげれば 
今夜はあなたに会える気がする
あなたに唄いあげれば 
今夜は夢で会える気がする

1 2 3 4