1. まとめトップ

弱酸性シャンプーの「弱酸性」ってどういうこと?

皆さんは「弱酸性シャンプー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?また,「弱酸性」とはどのようなことかよくわかっているのでしょうか?今回は,「弱酸性」とは何か,そして弱酸性シャンプーがいい理由についてまとめてみました.

更新日: 2017年02月06日

zack07さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 3537 view
お気に入り追加

皆さんはどのようなシャンプーを使用しているでしょうか?

髪を洗う際にシャンプーを使用しないという方はほとんどいないのではないでしょうか?

そのシャンプー,どのようにして選んでいますか?

やはり値段で選ぶ方が多いように感じます.

あとは,「天然由来成分のみ使用」の高級シャンプーとかを選ぶ方もいますね.

今回おススメするのは,「弱酸性シャンプー」です!

テレビのCMなどで,「弱酸性のメリット」というフレーズを聞いたことがある思います.

ニオイのもとまで浮かせる泡で、
地肌からすっきり軽い仕上がり!
メリットは地肌汚れをこまかくして「浮かせる泡」。
地肌にベタつきを残さず、
根元から髪さらさら!

メリットのシャンプーは泡立ちもよいそうです

なぜおすすめなのか?

人間の肌は、頭皮も全て含めて平均的にpH4.5~6程度であるため、弱酸性だといえます。なぜ肌や頭皮が弱酸性に保たれているのかと言うと、人間の肌に住んでいるたくさんの種類の皮膚常在菌が、肌を弱酸性に保つ働きを担っているからです。

肌と同じ弱酸性だと,肌にかかる刺激が抑えられ,肌に優しいといえます.

そもそも「弱酸性」ってどういうこと?

皆さんも小学生や中学生のころにこのような色が変化する紙を見たことがあるのではないでしょうか?

いやいや,「pH」ってなによ??

pHは,「ピーエイチ」または「ペーハー(ドイツ語読み)」と読みます.

酸性,中性,アルカリ性

小学校の頃に習ったとは思いますが,この世の中には,
酸性,中性,アルカリ性(塩基性とも言いますね)の3種類があります.

すっぱそうなものは大体酸性です(笑)

酸性やアルカリ性というのは、水溶液(物質を水に溶かした液)の性質の名前です。

pHは酸性からアルカリ性の間に0~14の目盛りをつけて、酸・アルカリの度合いをその目盛りの数字で表すもので、 pH7を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性としています。 pH7よりも値が小さければ小さいほど酸性の性質が強く、値が大きければ大きいほどアルカリ性の性質が強いことになります。

「酸性」はpHが7以下の状態であること!

pHは水溶液中の水素イオンの濃度を表したものです.
水溶液中の水素イオン濃度を「A [mol/L]」とした際の子の水溶液のpHは,

pH=-log A

で表されます.この時,logとは底を10とした際の対数を表しています.

水素イオン指数(すいそイオンしすう)、水素イオン濃度指数(すいそイオンのうどしすう)またはpH(ピーエイチ、ピーエッチ、ペーハー)は、水素イオンの濃度を表す物理量である。

pH4.5はpH5.5の10倍水素イオン濃度が濃いことになります!!

レモンのpHは2です.

他にも,リンゴが3,ビールが4ほどです.

紅茶のpHは5.5で,弱酸性となっています.

塩酸や硫酸はpHが1以下になることも多く,大変危険です.

しかし,水酸化ナトリウム水溶液はpHが13で,一見安全かと思いますが,こちらは強アルカリ性で,硫酸や塩酸よりもはるかに危険です.

(用いる際はご注意を)

まとめ:弱酸性シャンプーは刺激が少ないものである!

刺激が少ないので,肌が弱い方などにもおススメできるものと思っています.

ただ,肌のアレルギーをお持ちの方などは,かかりつけの医者に相談の上,シャンプー等を選ぶようにしてくださいね!

1 2





腕時計,F1,アニメなど色々な趣味のこと,
そして理系ならではの雑学についてまとめていきます.
ブログもやっているので,そちらもよろしければご覧いただけると嬉しいです.
よろしくお願いいたします.

このまとめに参加する