2014年6月14日、「日本代表 対 コートジボワール代表」。 この試合開始時間が、午後10時(現地時間)。
「2014W杯で、全64試合」の中でこの試合だけ、唯一、極めて遅い時間に設定された。
試合終了した頃には翌日となっていた。
この試合はW杯の84年の長い歴史の中で最も遅い時間に開始された試合だ。当たり前だ。
普通の感覚ならば午後10時開始で、試合終了が深夜24時なんてバカで非常識な事はやらない。
それを日本は無理に実行したという訳だ。
目的は、「日本のテレビ業界が、金儲けのために日本で視聴率をより稼げる時間に放送するために 無理に、現地の試合開始時間を遅らせた」のだ。(ちなみに放送した会社はテレビ朝日)。
いかに日本のテレビ業界の人間が、金の亡者で自己中心的か分かると思う。
日本代表チームを応援するポーズを取っておきながら、一番大事なのはどれだけ自分達が金儲けできるか。こいつらの本性は自分の会社が広告による収入をいくら稼げるかどうかだ。
現地のサポーターと日本代表選手の都合など、全く気にしない。これを「金の亡者」という。

いかに日本人というのが、醜い人種か分かったと思う。「他の国の人間は自分の国の代表に勝ってもらいたい、サポーターの安全を配慮したい」と思っている。
参加国中、日本だけがその点について無視し、金儲けを優先させたのだ。なんという国なんだ!!。しかも一番、大事な初戦の試合でそれをやった。最低の民族である。こんな民族は世界中、探しても居ない。未だかつて地球上にこんな醜い民族は存在した事がなかった。
骨の髄まで「金の亡者」である。
当日、試合後に雨が降り出し、真夜中をサポーターは歩いて、ずっと長い時間、バスの到着を待った人が多かった。日本のテレビ局というのは自分達の金儲けのために治安の悪いブラジルで、
真夜中に日本人を歩行させる状況になるのもお構いなし。
なんと醜い国だろう。こんな事をした国は世界で唯一、日本だけだった。
中々、バスが来ずホテルに到着したのが午前3時、4時などというサポーターもいた。
日本という国は金のためなら同胞をこんな目に遭わす事に何の罪悪感も無い。全ては自分達の金儲けのため。

他の試合は遅くても午後7時がキック・オフ。この試合だけ午後10時であった。
日本人というのは金儲け優先で「愛国心」よりも「愛金心」である。
世界で唯一、自国の代表チームとサポーターを後回しにし、金を選んだ国、それが日本だ。

「日本代表選手は恐らく午後10時キック・オフで、試合終了時は翌日という事は、選手人生で初めてな人が多かった」だろう(相手のコートジボワールも初めてだったろう)。
午後7時キック・オフにしていたら日本は試合に勝っていたかもしれない。
アフリカ人の方が日本人よりか、『カオス状況』に強いだろうから(社会が不安定で混沌としているので)、こんな異常な試合開始時刻で、わざわざアフリカの強豪と戦うならば、日本の方が不利になるのは目に見えている事だ。
でも日本人(TV業界)は金の方が大事だから、そんな事はお構いなしである。
この日、現地15時キック・オフという
『選手にとって(あとサポーターにとっても)最高の時間開始』の方法が可能であったが、
それだと日本時間の午前3時試合開始になり視聴率が取れない為、
現地22時キック・オフ(日本時間、土曜日、午前10時試合開始)を選んだようだ。
日本で休日の午前10時なら、見る人が多いと予想して、敢えて現地午後10時キック・オフを
実行した(注:ブラジルとの時差は12時間である)。
他の国は可能な場合、全て現地15時キック・オフにした。それがまともな人間の決定だろう。
「午後3時キックオフと、午後10時キックオフならば、普通の人間は午後3時を当然に選ぶ」。
それが普通の人間というモノである。
しかし、日本という国は参加国中で唯一、「開始時刻がサッカーの試合結果へ与える影響」、
「試合を観戦する観客の安全と都合」を考えるより、
「自分達が金をより多く稼げる方法」を優先させ、午後10時キックオフを選んだのだ。
いかにサッカーが好きでなく、金中心で行動している自己中心的で最低な民族だという事が分かる。
日本のブラジルW杯のGL敗退は恐らく自国民(TV関係者)による妨害が何%かは考慮できるであろう。
『TV関係者の金儲けの為に、代表チームを犠牲にする』という、とんでもなく馬鹿で醜い国が日本である。こんな民族は未だかつて、地球上に存在した事がなかった。恐らく、これからも存在しないだろう。日本人と同じイカレタ、キチガイ価値観を持つ民族は、この先も出現しそうにない。
それは地球人類にとって良い事だ。こんなキチガイ民族が増えたら、スポーツ界は困る。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

2014年ブラジルW杯、金儲けのために 試合開始を午後10時(現地)にした  金の亡者、日本人

W杯史上最も遅い時間のキックオフを金欲しさに実現させた日本人という民族の異常なスポーツ観。こんな醜い 民族は未だかつて地球上に存在していなかった。金キチガイだ。

このまとめを見る