1. まとめトップ

絶対聴きたくない暗い歌を集めてみた。

暗い歌に励ませられる時もあるが、心が元気な時は聴きたくないなぁ~と思う歌をまとめてみました。時々更新しています。お気に入りに入れて貰えばヤル気がでます。#暗い歌 #泣ける歌 #地味な歌

更新日: 2017年11月14日

junanimalさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 25372 view
お気に入り追加

「やすらぎの郷」の
ストーリー性と「慕情」の歌が重なって、感動します。

オッサン、カッコつけすぎ。昔は良かったのに。

西岡恭蔵&KURO追悼コンサート
作詞・作曲 西岡恭蔵。それだけで涙が出る

友川カズキ: 詩人・歌手・画家・競輪愛好家・エッセイスト・俳優・酒豪・表現者。
真に自立して生きることが忘れられがちな現代にあって、無頼詩人のロマンを奇蹟的に体現するアーティスト。
友川カズキ情報
@kazukitomokawa

此の10年後に終戦。今は便利な時代だが何故か侘しい

この歌を作曲したこと、この歌を作詞したこと、この歌を歌ってみせたこと
全部あわせると、「ありえないアーティスト」

中島みゆきさんのカバーで最高にお上手だと思いました。
声がとても似ていて聴き入ってしまいました。

「憎む」って。。。
愛憎は紙一重とはよく言ったものですが、ここまでストレートに言われると剥き出しがすぎて苦しくなる。
反転した憎しみを心に突き刺す。

一瞬一瞬の隙間に入り込む不協和音、でもそれがなくなるとこの何とも言えない退廃感と切なさはなくなってしまう。
天才集団たまの知久さんは群抜けで職人かつ完璧主義者。

こちらは平井堅が武井咲主演のドラマ「Wの悲劇」で歌った曲です。

このドラマではさまざまな思惑や欲望を持ちながら進む人間模様が描かれていますが、まるで操り人形のように運命に翻弄されていきます。

ドラマと同じく歌も人間の人生を舞台や脚本にたとえて歌い上げています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10





junanimalさん

還暦越えて何の安定もなく彷徨い続けてます。