1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

175Rは新アルバム発表!懐かしのあのバンドが今も輝いてる!

175RにHi-STANDARD,ガガガSPにオレンジレンジ…みんなの青春を彩ったバンドたちは今も大活躍しているんです!勇気をもらいつつ,まとめてみました!

更新日: 2017年02月03日

critical_phyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
44 お気に入り 40167 view
お気に入り追加

175Rが待望の新アルバム発売決定!期待が高まっています…!

175Rのニューアルバム『GET UP YOUTH!』が、4月5日にリリースされる。昨年に約6年ぶりの活動再開を果たした175R。

SHOGO(Vo)が「6年間という活動休止期間があったからこそ、ある意味新たなバンドを組むようなイメージで作れた」とコメントするアルバムは13曲入りで、ONE OK ROCKの楽曲プロデュースを手がけるakkin(ex. ジェット機)との共同プロデュース作品。

タイトルやアートワークにも彼らの今の音と勢いが表されており、青春パンクと呼ばれた時代から歳を重ね、日本語詞で書かれたストレートなメッセージが新たにパワーアップしている。

他にもあの懐かしのバンドが今も輝いている…これは見逃せないぞ!

昨年衝撃的な復活を果たしたHi-STANDARDにみんながざわついた…!

1991年に結成。90年代に盛り上がった日本のメロコアシーンにおいて中心的役割を担う。全編英語の歌詞とキャッチーなメロディー、テンポの速い曲調で10代のロックファンを中心に圧倒的な人気をほこっていた。

当時、インディーズでCD100万枚を売って、飛ぶ鳥をも落とす勢いだった。

ほんとにどこにもCDが売っていなかったんだよな…

90年代のハイスタって、ホントに口コミで広がったんですよ。当時はインターネットもなかったし、情報を出すといったらせいぜい音楽誌くらい。

SNSがない時代にこの拡散力…半端じゃないです!

Hi-STANDARDが16年ぶりの新作を発表――2016年の音楽シーンを振り返ったときに、結局これ以上のトピックはなかったと言ってもいいかもしれない。

事前告知なし、最初は通販なしの店頭のみでの販売という「ANOTHER STARTING LINE」のリリースに関する一連の流れは実に見事。

横山はノンプロモーションでの販売方法について、「お楽しみが欲しかったんですね、出す方としても。ちょっとした遊び心というか」と明かした。

ガガガSPは今年で20周年!記念ツアーが話題に!

1997年12月に地元神戸にてコザック前田(ボーカル)を中心に結成。メンバーチェンジを繰り返し、2000年頃に現在の編成となる。同年12月に「京子ちゃん」でインディーズデビュー。2002年1月にソニーレコードよりシングル「卒業」でメジャーデビューを果たした。

本人らは青春パンクに分類されることを嫌っていたが、現在コザック前田は青春パンクを90歳まで続けると宣言している。

あれこれ煮え切らない気持ちを、優柔不断なままむき出しにして曲にぶつける、その潔さ。矛盾してますが、そこがガガガの魅力なのかも。

2017年に結成20周年イヤーへ突入し、6年ぶりとなる主催フェス『長田大行進曲』が話題となっている。

病みながら、人にも迷惑かけながら、そしてたまにそのクソヂカラでやってきた音楽で人を少しでも救って来たかもしれないから。ガガガSP、二十歳になります。まだ成人したばかり。成人式を見てほしい。クソヂカラの成人式を。

新たな魅力が生まれていた…オレンジレンジは日本中を震撼させているぞ!

02年のデビュー以来、「上海ハニー」や「花」など、ヒット曲を連発した沖縄出身バンドのORANGE RANGE(オレンジレンジ)。

彼らの魅力はポップさとかっこよさの共存、また3名のボーカルによるHIP HOPのようなマイクリレーです。

1 2





個人的な趣味嗜好ばかりまとめてます。
みなさまのお役に立てれば嬉しいです。

このまとめに参加する