1. まとめトップ

【不思議】なぜ?同時に使い切れない!シャンプー・コンディショナー・トリートメント【あるある】

シャンプーとコンディショナー・リンス・トリートメントなどのヘアケア剤は同じ量で売られているが、同時になくならない!なぜ・・?シャンプーの方が早く減る!いや、私はトリートメントの方が早く減る!いろいろな人がいる。あなたはただしい量使えてる?余った時の使い道は?

更新日: 2017年04月19日

doeraiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 3503 view
お気に入り追加

シャンプーとコンディショナーを同時に使い切った!という経験はありますか?

私は一度も同時に使い切った記憶がありません。。

残りがちな方を多めに使うように調整してもなかなかうまくいかないもの。

使いかけのシャンプーがいくつもあるという人もいるのでは・・?

コンディショナーのボトルがなくなる頃にはシャンプーはまだまだ入っています。同じラインを使いたいので、いつも困ります。

シャンプーとコンディショナーが同時になくなってくれたほうが何かとめんどくさくないな

▼シャンプーの方が早くなくなるという人

使いすぎている可能性が!

男性やベリーショートの女性はシャンプーの方が使う量が多いと思いますが、
ボブで1プッシュ、セミロング~ロングでも2プッシュ程度だそう。
もっと使っているという人はシャンプーの仕方を見直してみましょう。

<正しいシャンプーの仕方>

1 38℃のシャワーで1分半程度しっかり余洗いする
2 シャンプーを”しっかり”泡立てる
3 頭皮に泡立てたシャンプーをつけ、マッサージするように揉み込む
4 あまった泡で髪を洗う

お湯は体温に近い38℃くらいが正解
髪の毛そのものを洗うことではなく、頭皮から分泌する皮脂や老廃物を洗い落とすこと

ボブくらいまでなら1プッシュあれば充分泡立つ。

 泡立つ条件
 ・水
 ・シャンプー剤
 ・空気
 この3つがちょうど良いくらいのバランスで混ざりあった時に初めて本当の泡立ちを発揮するのです。

▼コンディショナーの方が早くなくなるという人!

コンディショナー、トリートメント、リンス、ヘアパック・・・
色々なヘアケア剤があるけど、

おさらい:コンディショナー・トリートメント・リンス・ヘアパックの違いは?

リンス=コンディショナー :髪の表面
トリートメント=ヘアパック:髪の内部 ダメージが強い人向け
ってことですね。

リンス
 …髪の表面をコーティングし、きしみを防ぎます。

コンディショナー
 …基本的にリンスと同じ。
   リンスと違うのは、コシを与えて髪のハリを出す効果がある。

トリートメント
 …髪の内部まで美容成分を浸透させる効果。水分と油分を補い、ダメージの奥深くまで補修します。主にダメージが気になる時に使います。

ヘアパック
 …トリートメントより髪に有効な成分が多く、吸着力も強いので、ダメージ修復のスピードが早いのが特徴。ダメージの強い時に使いたいヘアケア剤。

<たくさんつけたからと言って効果が上がるわけではない!適量は?>

リンス、コンディショナー、トリートメントいづれも目安は以下のようです。
長さだけでなく、毛量や痛み具合、使用するブランドでも異なってきますのであくまでも参考です。

目安となる量は、
ミディアムヘア(あご~肩)で約6g(ポンプ2押し程度)
セミロングヘア(肩~脇の下)で約10g(ポンプ3押し程度)
ポンプ1押し(約3g)は、手のひらに500円硬貨大に広がる量が目安。

【結論】同時に使い切れないのが当たり前!

セミロングを例にすると、
 シャンプー:2プッシュ
 コンディショナーなどのヘアケア剤:3プッシュ

ということで、シャンプーとヘアケア剤を同量で購入すればシャンプーが余る結果に。

男性やショートの人はコンディショナーの量も少なくて済むのでシャンプーが余りやすいのですね。
同時に使い切れているという7.1%の人にコツを聞きたいものです。

とにかく!!
正しい量・使い方にするだけで抜け毛防止や健康な髪の状態にするようにしたいですね!

”適量”という文字は混乱します

調べていて思ったのですが、どこのサイトにも”適量”という文字が乱立されている。
髪の長さもセミロングと言っても果たして同じ長さを指しているのか疑問。
確かに個人個人で汚れ・傷み具合の状態が違うので一概に言えないのはわかりますが、
もう少しイメージしやすくかつ、表現は統一してほしいなと感じました。
こういったことが消費者への混乱や誤った使い方を招いているのではないかと。

1 2





doeraiさん

基本的に何でも書きます('ω')ノ
私が日常生活で気になったこと、面白いと思ったことをまとめ、
みなさんの暇つぶし、生活へのスパイスになればと思います('◇')ゞ

このまとめに参加する