1. まとめトップ

同じ姿勢は危ない~エコノミークラス症候群を予防する方法

同じ姿勢は危ないらしい・・・エコノミークラス症候群を予防・治す方法をまとめます。

更新日: 2017年10月13日

torinaviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 187 view
お気に入り追加

エコノミークラス症候群って何?

エコノミークラス症候群とは、飛行機のエコノミークラスなど、狭い空間に同じ体制で長時間過ごした時に生じやすいことから、このように呼ばれます。下腿(かたい。膝から下)などの細い静脈の中で、血のかたまりができ、それが移動して肺の血管に詰まって肺塞栓症を起こすことをいいます。

エコノミークラス症候群の症状

長時間座位により下肢が圧迫され続けると、うっ血を起こし、血栓が生じてしまいます。これを「深部静脈血栓症」と言います。また、気圧が低い場合は、よりうっ血しやすくなります。生じた血栓は、立ち上がった際などに、血液の流れにのって移動し、肺の細い血管で詰まることで呼吸困難や動悸をひきおこします。これが「肺塞栓症」です。

エコノミークラス症候群の原因

「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」の原因の1つは、航空機内などの乾燥した空間や、低い気圧によって体内の水分が蒸散しやすくなり、血液の粘度が上昇してしまうことにあります。水分摂取の不足や、アルコール摂取なども脱水傾向を招き、血液粘度上昇のリスクを高めます。

エコノミークラス症候群を予防する方法

エコノミークラス症候群リンク

1





はじめまして。ネットで生計を立てているゆうです。お得な情報を紹介します。