1. まとめトップ

あの有名な台詞に隠された設定が色んな意味で衝撃

聞きなれたアニメやゲームのあの台詞。実はある意味が隠されていたんです。

更新日: 2017年02月04日

5 お気に入り 30246 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「お前のモノは俺のモノ!俺のモノも俺のモノ!」

そんなジャイアンの名言と言えば、「お前のモノは俺のモノ!俺のモノも俺のモノ!」

主人公・のび太の目線で描かれるジャイアンは、たいていとても理不尽です。漫画を奪い、返してと言っても暴力で対抗してきて、太刀打ちできません。

ですが、このセリフには深い意味があったんです。

のび太は様々なハプニングによって入学式に遅れてしまい、会場に入ったものの誰もいないのを見て、入学式は終わってしまったと勘違いし、泣きながら学校を出てしまいます。でも自宅に帰る途中で迷子になってしまい、またハプニングが起きてランドセルをなくしてしまいます。

そこで、偶然にもトラックに乗ったのび太のランドセルを発見するジャイアンは「俺に任せろ!」と言って、必死に走りトラックに追いつき落ちてくるランドセルをジャンピングキャッチ!

のび太「ジャイアンありがとう!」ジャイアン「当たり前だろう!だって・・・俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの!」

友達の物も自分の物のように大事にするのが当然、人の痛みも我が痛みのように感じ、人のために全力を尽くす!という、ジャイアンの男気があふれた言葉として、使われたのでした。

@moe_chi_y ジャイアンが嫌われない理由ってこれなんですよね。なんだかんだ言って面倒見いいんですよね。のび太構いまくるくせにすごい頼りにしてるところとか、憎めない。

リツイートした「俺のモノは俺のモノ。お前のモノは俺のモノ。」の本当の理由を知るとジャイアンがマジでカッコ良く思える。

「おお ◯◯! しんでしまうとは なにごとだ!」

戦闘で力尽き、復活した際に王様に投げかけられる言葉です。他にも「しんでしまうとは ふがいない!」「しんでしまうとは なんと いなかものじゃ!」などとその国の王様によってかけてくれる言葉は様々。

プレイヤーが死んでしまったとき、ゲームオーバーにはしないために考えたのが、このセリフです。死んでも死んでもレベルアップはしていくので、いつかはクリアできるだろうと思いました。

堀井雄二さんのコメントより

次は、あえて台詞がなかった理由

アニメ、映画での声優は塩沢兼人さんでしたが彼が不慮の事故で亡くなったためその後ぶりぶりざえもんはセリフなしで登場に終始。

塩沢兼人さんの声が近かった山崎たくみさんに、塩沢兼人さんの役をほとんど引き継がれていっているのですが、ぶりぶりざえもんは塩沢兼人さん以外考えられないと制作スタッフの方針だそうです。

出典http://ざわざわ.xyz/2339.html

やはり月日の流れで、ぶりぶりざえもんを知らない世代が増えてきて「ぶりぶりざえもんをこのままにしておくわけにはいかない」と思うようになってきて。ぶりぶりざえもんを出さないというのは、私らスタッフ側のエゴでもあるんじゃないかと。

ムトウユージ監督インタビューより

実際にアフレコをしても、神谷君はぶりぶりざえもんにぴったりだった。おそらく2~3年前の神谷君だったら、ここまでハマらなかったでしょう。『しんちゃん』が25年目に入って、塩沢さんがお亡くなりになって16年がたって、そういうことも全部ひっくるめて今しかできない最高のタイミングなんだなと思いました。

1