1. まとめトップ

セリアのB6ノート(368ノート)、使ってますか?

100均のセリアで、地味に売られているノートなんですが・・・

更新日: 2019年03月21日

53 お気に入り 78071 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gajirooooさん

◆このようなものです◆

368ノートとも呼ばれています

あくまでも個人の見解ですが、100均のノートでは珍しく「万年筆で書いても裏まで染みない」ので使っている次第です。(マイナーな入り方ですが)
ちなみに、セリアよりもシルクで買っているほうが多いかも。

正式名称は「B6フリーノート 368ページ」で通称「368ページノート」は、その名のとおり368ページあるノートです。大きさはB6サイズ、厚みはしっかりありますが軽量で、何かと荷物が増えやすい女子には嬉しい仕様です。

368ページノートの魅力
魅力1:値段
魅力2:シンプルな表紙
魅力3:使い勝手が良い中身

出典https://locari.jp/posts/83243

368ページノートの正式商品名は「B6フリーノート 368ページ」です。

今回は、368ページノートと呼びたいと思います。
1年365日ですから、手帳として余裕を持って1日1ページ書き込んで使うと、自分だけの一冊が作れるノートです。

大きさは182mm×128mmのB6サイズです。
このボリュームなのに、セリアの片隅で、ひっそりとと税込108円で売られています。

中を開くと、日にちを書く欄と、ToDoを書き込める四角い枠付きのスペースがあります。

これが無いバージョンも出してほしいと思う時も、時々ありますが・・・

※正確にはサンノート株式会社が出している「B6フリーノート 368ページ」というのが正式名称なのですが、本文では通称「368ノート」を使用させていただきますね。

このノート、ほぼ日手帳的に使えるということで話題になっているので、日記帳にされる方も多いようです。多目的ノートにもなるし、とにかく自由度が高い代物です。書き心地も申し分ありません。

たっぷりの容量でたったの108円!表紙のシンプルさもGOODです。デザインから中身まで自分でカスタマイズしやすい、というところも高得点です!

そんなわけでさっそく入手して、使用し始めました。使用感はとてもいいのですが、デメリットが2つ。
強度の弱い背表紙の問題と、ノートの開き具合です。これを最初に解消しておかないと、途中当たりから苛立ちを感じ始めてしまいます~。
分厚くていいのですが、開きづらいのと背表紙が弱っちいところが玉にキズ。この壁をクリアして気持ちよく使いたいものですね。

どうしてそうなったのか?については、何らかの意味があると思うんだけど・・・。
背表紙については、他のノートみたいに補強されているわけではないので、割り切るしかない?

◆横から見ると◆

◆こんな意見があります◆

【IPO】「ほぼ日」のIPOに応募するかどうか迷っている。面白い会社だし、当選すれば一応儲かるだろうとは思いつつ…糸井重里氏が好きではないし、「ほぼ日手帳」を使うくらいなら「セリア368ノート(別名:セリ日手帳)」を使いたいくらい、あの手帳に魅力を感じていないから。

そのように言えば良いのか…(感動)

@stationery_jp こんばんは、たかたくさん。このノートは、セリアの368フリーノートの表と裏面に、同じくセリアの黒板シートを張り付けた物です。パリッとして使いやすいですよ~。 黒板風に見せるために、ワードライターで白文字を書いてみました(^^)

1 2 3