1. まとめトップ

Amazon Kindle (無印) レビュー・評価まとめ

AmazonのKindle (無印)のレビューと評価をまとめました。現行は、第8世代です。

更新日: 2017年02月04日

0 お気に入り 708 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

レビュー

軽い、小さい、目に優しい、読みやすい。1番安いモデルはライトが内蔵されていないので暗い場所で使うことは出来ませんが…文庫本を読む感覚で明るい場所でしか読まないようにすればいいだけなので自分は無印Kindleを選んで正解でした。

もっとも手に入れやすい電子書籍リーダーとして、価格をキープしたままもっぱらサイズと外観の面で進化を遂げたのが、第8世代 Kindle(無印)と考えれば良いと思います。

場所と時間を選ばず、いつでもどこでも快適にKindle本を読みたいのなら、ライトを内蔵して画面の解像度も高いKindle Paperwhite以上の機種をおすすめしますが、電子書籍の事始めに安いのを1台手に入れて様子を見たいという場合は、Kindle(無印)は十分におすすめできる機種です。

Kindle (2016)、E Ink Kindleで実質最軽量。ホールド性がかなり向上。
上位モデルと比べて解像度が低くフロントライトがない。この点が妥協できなければ、Kindle Paperwhite (2015) がおすすめ

初めて買うには圧倒的にふつうの、ノーマルKindleがオススメです。安さ、軽さは正義でしょう。今回161gとなってますます軽くなり、プライム会員価格、4,980円ですから非常に満足できると思います。Kindle fireタブレットもそうですが、この価格でこの機能、質感は非常に安いです。

てゆーか、無印Kindle、漫画も普通に読めるな。レビュー等読んで事前に覚悟してたほどひどくはない。てゆーか、目が疲れない点に関しては、圧倒的にスマホ・タブレットより上だし、長い・繰り返し読む漫画はこっちにまとめて入れておいてもいいかも。

早速Kindle(2016年版無印)を使ったところレビューにも書かれていたページをめくる際に前ページの残像が残るのと文字が粗いのが気になるけど、本体の軽さ&薄さが手に馴染み内蔵ライトが無く目に優しいせいか、かなり集中して読める。心配するとしたら没頭し過ぎて乗り越ししそうな点かな

1