1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【マンガ】・・・(次の一手は)・・・!展開がおもしろい戦略ゲーム漫画4作品!

『盤上の詰みと罰』松本渚/『賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編』福本 伸行/『無敵の人』甲斐谷忍/『月下の棋士』能條純一

更新日: 2017年02月07日

CHRONO-Tさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
70 お気に入り 28241 view
お気に入り追加

『盤上の詰みと罰(全2巻)』松本渚

ふらりと現れたその不思議な少女は、明るくて可愛くて、そして何よりも将棋がメチャクチャ強かった!!霧島都、元6冠王の女流棋士。5年前のとある対局をきっかけに、1ヵ月ごとに記憶がリセットされるようになってしまった。忘れてしまったその相手を探し出すため、彼女は全国将棋ひとり旅へ!笑顔と愛と謎が渦巻く本格青春将棋マンガ

将棋漫画で言うと『盤上の詰みと罰』よかったな。たった二巻で完結だけど。

アマゾンで、盤上の詰みと罰てマンガのレビューがすげよかったから買って読んだら メチャメチャおもしれぇwww 月下の棋士以来あんまおもしろい将棋マンガなかったが、やべーなw

自分は将棋が指せません。そんな私ですが、このマンガは一気に読み切ってしまいました。

『賭博堕天録 カイジ ワン・ポーカー編(1~11巻連載中)』福本 伸行

救出ゲームで命を救ったチャンとマリオを仲間に加えたカイジが、帝愛グループの兵藤会長の息子・和也と雌雄を決すべく到着したのは帝愛の倉庫だった。和也は「マザー・ソフィー」というマシンでカード1枚の勝負をするギャンブル「ワン・ポーカー」の説明を始める。「一張り2億=1ライフ」を提案する和也に唖然とするカイジ。常軌を逸したギャンブル、究極のデスマッチが、いま幕を開ける…!!

全く読んでなかったカイジのワン・ポーカー編一気読みしたけど面白すぎ。ただ相変わらずカード1枚だすのにコミック一巻分まるまる使うのはどう考えても狂気の沙汰。故に面白い・・・っ!

『無敵の人(全4巻)』甲斐谷忍

運の要素が大きく、「無敗」などありえないと言われる「麻雀」。しかし、日本最大のネット麻雀「雀仙」に突如「無敗」のプレイヤーが現れる! 彼の名は「M」。そんな「M」のイカサマ疑惑を突き止めるため、偽りの友情を装って近づく貧乏フリーターの園川順平(そのかわ・じゅんぺい)。だが、「M」の強さの秘密を知った時、彼への熱き友情が芽生えはじめ…。「無敗」の壁に挑む、麻雀友情譚、開幕!

麻雀漫画「無敵の人」 予想を裏切らない面白さでした!!!!後でまた読む あああああ 誰か読んで そして麻雀好きになってそして私と一緒に麻雀しよう語ろう

甲斐谷先生の「無敵の人」、めちゃくちゃ面白い!!麻雀漫画だけど麻雀分からなくても全然大丈夫だと思います。 ライアーゲームや小田霧響子の嘘も大好きなんですが、甲斐谷先生はゲームやトリックの面白さだけじゃなく、心揺さぶられる人間味溢れる心理描写が凄く上手くて感心&感動します。

『月下の棋士(全32巻)』能條純一

第51期名人戦、名人・大原巌と挑戦者・滝川幸治が熱海で第7局を戦っている時、東京・将棋会館に氷室将介という青年が現れる。プロ棋士になりたいという将介が手にしていたのは、伝説の棋士・御神三吉の推薦状だった。その推薦状を見たプロ棋士・虎丸は二段の坂東と将介を戦わせる。

最高に格好いい漫画の主人公は月下の棋士の氷室将介 異論は認めない

漫画とかで主人公にハマることはあんまりないんたけど、月下の棋士は氷室くんが最高過ぎてなあ…

「月下の棋士」、面白すぎて読み終えられなくなるのでこれは罪な漫画だぁ(´;ω;`)

全32巻と長いですが物語りにぐいぐい引き込まれるので、一気に読破できます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

1 2





CHRONO-Tさん



  • 話題の動画をまとめよう