1. まとめトップ
0 お気に入り 670 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

この路線は、現在の西武鉄道の前身である武蔵野鉄道によって1929年に開業した。戦時中に不要不急線として休止となったが、戦後の1951年に復活した。

西所沢駅

下山口駅

【廃駅】上山口駅

狭山線(当時は武蔵野鉄道山口線)が不要不急線として休止された際に休止されたまま、戦後に廃駅となった駅である。

1929年(昭和4年)5月1日 - 上山口駅として開業。
1933年(昭和8年)3月1日 - 山口貯水池駅と改称。
1941年(昭和16年)4月1日 - 防諜のため上山口駅に再度改称。

西武球場前駅

1929年(昭和4年)5月1日 - 武蔵野鉄道山口線の村山公園駅として開業。
1933年(昭和8年)3月1日 - 村山貯水池際駅と改称。
1941年(昭和16年)4月1日 - 戦局激化に伴い、村山駅と改称。
1944年(昭和19年)2月28日 - 山口線が不要不急線に指定され、営業休止。
1951年(昭和26年)10月7日 - 営業再開。西所沢方へ300m移設の上、狭山湖駅と改称。同日付で路線名称も「狭山線」と変更。
1978年(昭和53年)11月30日 - 西武ライオンズ球場の開業準備に伴い西所沢方へさらに300m移設、現在地に移転。
1979年(昭和54年)3月25日 - 西武ライオンズ球場の開場を機に、西武球場前駅と改称。

▼関連まとめ

1