1. まとめトップ

人材不足の解消…Pepperくんが寿司屋でバイトを始める

賢くなったPepperくんが寿司屋(はま寿司)でバイトを始めます。これは必見かも。

更新日: 2017年02月06日

1 お気に入り 4955 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・Pepperの社会貢献を促すソフトバンク

ソフトバンクグループは1月25日、全国282校の公立小中学校に人型ロボット「Pepper」約2000台を無償貸与すると発表

Pepperのほか、プログラミングに必要なパソコンや、Wi-Fiなどのネットワーク環境も無償貸与、合計9万1,000人の児童や生徒がプログラミングを学ぶ見込み

・どんどん賢くなっているロボットの一つ

接客用や受付用に設置しているロボット「Pepper」に、もっと自然な会話をさせたい――そんな企業のニーズに応えるサービスが登場

eレセプションマネージャー for Guideは、IBM Watson日本語版とソフトブレーンが開発したアプリを組み合わせたサービス。

店舗などでユーザーが行きたい場所や知りたい情報をPepperに伝えれば、Watsonの音声認識技術や自然言語解析技術で問い合わせ内容を認識し、Pepperの音声や胸元のタブレット画面で適した回答を示してくれる

「分からないときは、『ごめんなさい分かりません』と答えられる。つまり、人間と同じように、内容に応じて最後までコミュニケーションができる」

ビジネス推進に携わる立田雅人部長

・今やいろんな場所で目撃されている

電気代の支払い方法を変えるだけで電気代と携帯代が少し安くなるってことで手続きに。pepperくんがお出迎え(笑) pic.twitter.com/hkTr6Mo9Tl

ソフトバンクショップだけでなく?

・そんなPepperくんが寿司屋の接客に登場した

はま寿司は、シャリの握りや海苔巻きなどをロボットで行い、注文にタッチパネルを導入するなど、積極的に機械化をはかっている企業

・Pepperくんができること

実証実験の実施店舗は、ウィラ大井店(東京都、2016年10月19日~)、真岡店(栃木県、2016年12月14日~)、浦和店(埼玉県、2017年1月12日~)の3店舗。

Pepperは、来店した客に人数および希望する座席の種類をヒアリングし、空席がある場合は座席の番号札を発券して案内。

満席の場合は整理券を発券し、座席が用意できたら客を呼び出して座席の番号札を発券して案内する。

・顧客と店員双方にメリットが

1 2