1. まとめトップ

安い落とし穴への恐怖

分かっているけど買ってしまう現実

更新日: 2017年02月05日

0 お気に入り 39 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

物には値段がある

なるべくなら安く買えたら生活にも支障ないので、どこかで抑えなければいけない事はあるかと思います。そこで、安さにこだわってきます。
この、安さにも意味あってつけられてます。

1番怖い安さとは・・・

体の中に入ってくるものです。自分の体が1番大事だとすると、体に入れるものはあまり取り入れない方が、後々にいいと思います。それ以外のものは、安いのでもいいのですが体が資本とされている方は、この安さは程々にした方がいいです。

食品

口に入れるものだからこそ、一番大事なことです。
安くて美味しい物を作るのは、凄くいいことです。一番怖い安さは、作ってある惣菜の安さには毎日のように取り入れてはいけない事は頭にいれておいた方が自分の身を守ることに繋がります。

化粧品

よく温泉施設などに置かれている、化粧水や乳液。
高級なものは、ご自由にどうぞ!とはいきません。高級なものになると必ず定員さんがしっかりついて勧めてきます。説明なしに置かれてる化粧水・乳液には安さの前を通りこした理由があるかもしれません。これも、肌につけるものとして気を付けた方がいいと思います。
安い化粧品は、ほとんど成分がビックリするほどのものが入っていたりします。

まとめ

色んなものや情報が飛び交っている世の中で情報を頼りに生きていかなてればならない時代へと変わってきてます。時代の流れだけでいけたらいいのですが、しっかりと調べて分かったうえでやらないと自分を守れません。やりくり上手に安さを求めることは良い事だと思います。
でも、自分の体だけは安さを求めるのは見直してほしいです。

1