1. まとめトップ

■男女の産み分けはできるの?

赤ちゃんの性別は妊娠しても
すぐにわかるものではありません。

産み分けが成功する確率は、最近のデータでは男の子で81~91%、女の子で70~80%

と想像しているより高い確率で産み分けることが可能なのです。

性別は精子によって決まる

子供の性別は、精子によって決まります。
ですので産み分けは、精子をコントロールすること!

人の染色体は、46本ですが、そのうち2本が性を決める「性染色体」と呼ばれるものです。

赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子の種類によって決まります。

精子はX染色体かY染色体という細胞を持っており、一方卵子はX染色体のみを持っています。
X染色体の精子が卵子と結合すると、XX染色体となって女の子が生まれ、Y染色体を持つ精子が卵子と結合すると、XY染色体となって男の子が生まれます。

・X精子の特徴(X染色体で女の子になる)

● 酸性に強くアルカリ性に弱い
● 寿命が2~3日と長い
● Y染色体よりも数が少ない
● 動きが遅い

・Y精子の特徴(Y染色体で男の子になる)

● アルカリ性に強く酸性に弱い
● 寿命が1日だけ
● 数がX染色体の約2倍
● 動きが早い

実は「Y精子の数はX精子の2倍」

てことは男の子の方が産まれやすいの?
と思ってしまいそうですが…?

膣の入口が酸性になっていて、多くはそこでなくなってしまうので、男女が生まれる確率は普通だと約50%と考えられますね。

例えば男の子を産み分けたかったら、できるだけ精子量を増やして、Y精子が多く卵子に届くようにする必要があります。

膣内は、雑菌の侵入を防ぐため通常は酸性に保たれており、
精子にとってはとても過酷な状況です。

■男の子を産む方法

1.排卵日にセックスをする

出典slism.net

Y精子は、X精子に比べ、泳ぐスピードが早い一方、酸性の環境に弱く、寿命が短いのが特徴です。

膣内は酸性ですが、妊娠する排卵日は、酸性度が最も弱まります。

そのため、Y精子は、活発に動けるようになり、Y精子が受精する確率が高まるので、排卵日にセックスをすると良いのです。

排卵日にセックスをすると良いのには、もう一つ理由があります。

Y精子、受精をする子宮膨大部にたどり着いても、なかなか排卵しなければ、それを待たなければなりませんが、Y精子の寿命は短いため、待っているあいだに死んでしまいます。

Y精子が元気なうちに受精できるよう、セックスは排卵直前であることが良いのです。

2.最低5日間は禁欲して、Y精子の数を増やす

Y精子の多くが、膣の中を通る間に死んでしまうため、Y精子が受精する確率を上げるためには、多くのY精子を送り込む必要があります。

精液中の精子の数を増やすのに最もシンプルな方法は禁欲です。

射精の回数を減らすと、精子が蓄積されるので、一回に放出される精子の数が増えます。

しかも、X精子とY精子の比率は1対1ではなく、精液中の精子の数が多くなるほど、Y精子の比率は上がると言われています。そのため、禁欲すると、Y精子の率も量も増やすということになるのです。

3.女性が気持ちいい濃厚なセックスをする

女性が性的刺激を受けて、オルガスムス(オーガズム)を感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されて、膣の酸性が中和されます。

そのため、女性がオルガスムスを感じやすいセックスをすると、Y精子にとって有利な環境を作り出せます。

またセックスの体位にも注意しましょう。

男性器をなるべく奥まで挿入してから射精すると、Y精子は酸性の膣を長く泳がずに済むので、数をあまり減らさないまま受精をする子宮膨大部にたどり着くことができます。

■女の子を産む方法

1.排卵日2日前にセックスをする

1 2





m.strong.9さん

このまとめに参加する