1. まとめトップ

日本人の好きな和風パスタ・スパゲッティ

日本でも大人から子供まで、定番メニューとして食べるようになったパスタの、特に日本人好みにアレンジされたものをご紹介。

更新日: 2018年05月05日

2 お気に入り 1962 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

日本でも人気のパスタメニューの数々で、特に和風のものをご紹介。

moepapaさん

パスタとは

パスタ(イタリア語: pasta)は、日本語の「麺類」とほぼ同義の概念をもつイタリア語で、スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどを含む。イタリア料理の主要な要素のひとつ。主な原料は小麦粉(特にデュラム小麦)で、他に水、塩、鶏卵などが用いられる。

パスタは大きく分けると2種類に分類でき、スパゲッティに代表される麺状のロングパスタと、マカロニに代表される小型のショートパスタがある。他に団子状や板状のものもある。
イタリアには地方独特のものも含め650種類ものパスタがあると言われており、毎年のように新しい種類が発表されている。乾燥パスタが多く市販されているが、家庭で生パスタを手打ちすることも出来る。

主な原料は小麦粉であり、中でもデュラム小麦のセモリナ(粗挽き粉)を使ったものが最も良いとされる。デュラム小麦はガラス質と呼ばれる半透明の硬い胚乳が特徴で、パンやうどんなどに適した小麦とは性質が異なっている。
基本的にはこのデュラムセモリナ粉に水、塩などの材料を入れて混ぜ合わせ、空気を抜くように捏ね上げる。生パスタは日本の麺類と同じように仕上げるが、乾燥パスタの場合は成形する機械の中に捏ねた材料を入れ、できるだけ空気を抜きながら押し出すように成形し、そのまま乾燥させる。

特に麺好きの日本人は、このパスタの内でも、麺状のもの、特にスパゲティを好んで食し、多くの和風メニューにもアレンジをしている。

人気の和風パスタ・和風スパゲティ

日本で人気の海産物のうにをふんだんに使ったパスタ。

同じく日本ならではの魚卵グルメの代表格のイクラ。

ナポリタンは、スパゲッティをタマネギ、ピーマン等と共にケチャップで炒めた洋食。 戦後、アメリカ合衆国から入ってきたヌードルが日本で土着化した料理である。

パスタの本場イタリア、ナポリにはなく、日本のオリジナルスパゲティになります。

博多名物辛子明太子をまぶした逸品。

魚卵の最高級品でもあるカラスミを使った贅沢パスタです。

日本のキノコの王様の松茸で作る絶品パスタです。

まさかの和食の代表格の天ぷらとの融合。かなり驚きです。

日本くらいでしか食べられないナマコを刻んでパスタに。

スイーツパスタも

驚愕のデザートパスタです。

同じくいちごを用いたスイーツパスタ。

和風パスタ動画

1 2