1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

全盛期より凄い!モー娘。の20年間は『人気低迷期』無しでは語れない!

今年で20年目を迎えるモーニング娘。ですが人気低迷だった頃のメンバーの凄さを知っていますか?

更新日: 2017年02月07日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
186 お気に入り 218980 view
お気に入り追加

今年20周年を迎えるモーニング娘。

モーニング娘。が結成されたのは1997年9月。テレビ東京系の音楽オーディションバラエティ『ASAYAN』

1998年のメジャーデビュー以降、常にメンバーの増減を繰り返し現在に至る。

私が小さい頃憧れたモーニング娘。それがどんどん受け継がれていって、今じゃ私よりも歳下の子たちが多いグループになってる。 20年という歴史の深さを感じる。

モーニング娘。は3つの時代に分かれているって知っていますか?

全盛期(黄金期)は1999年9月にリリースされたLOVEマシーンで全国区となった2000年から安倍の卒業が発表された2003年までを言います。

シングル『ザ☆ピ~ス!』のジャケットが象徴するような、モーニング娘。といえば、誰でも知っているアイドルユニットで、「天下御免」感で満ち溢れていた。

1999年9月発売、7枚目のシングル『LOVEマシーン』は、180万枚というメガヒットを記録。

そして現在は『新生モーニング娘。』

2014年1月1日以降は「モーニング娘。」の後に当該年の西暦の下二桁を付して「モーニング娘。'○○」としている。

今のモーニング娘。ってめちゃくちゃかっこいいんです。フォーメーションダンスという本格ダンスを披露しながらしっかり歌う。

新生モーニング娘。は、かつての黄金期でも成し得なかった5作連続1位を獲得。

7. モーニング娘。'14 『TIKI BUN』(Dance Shot Ver.) この曲でモー娘。熱が再燃した 最近の曲はクラブミュージック意識してて普通にかっこいい 昔は辻推しでいまは譜久村推しです youtube.com/watch?v=_waHKA…

しかし『黄金期』と『新生モーニング娘。』の間にもう一世代あったことを知っていますか?

ファンがそのスピードについていけず、黄金期ほどの輝きは失われていった。

【モー娘。の歴史】 黄金期を支え活躍したメンバー達卒業・脱退。 2003年 保田圭 2004年 安倍なつみ、辻希美、加護亜依 2005年 飯田圭織、矢口真里、石川梨華 2006年 紺野あさ美、小川麻琴 2007年 吉澤ひとみ、藤本美貴 #モーニング娘

この時代のモーニング娘。は、『LOVEマシーン』のようなメガヒットを飛ばすこともなく、メディアの露出も極端に減った。

人気を落としている今必要な物は、メンバー同士の温かみのある関係。変わりつつある田中と手を取り合ってのダブルセンター時代。

2007年から9期加入の2011年まで、メンバーの入れ替わりが少なく、ほぼ同じメンバーで活動してきました。

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する