1. まとめトップ
  2. おもしろ

■「真実」は衝撃的なもので…

車を運転しているとき、咄嗟に助手席の方を守ろうと手を伸ばすことはありませんか?でも、実はこんな真実があるかも…

この間同僚の女の子を車で送ってあげたんだが、今日職場でそんときに僕が強くブレーキを踏んだ時は咄嗟に自分を庇うように腕を出してくれてたのが凄く紳士的だった~っみたいな話になったんだ、だが違うんだ、僕みたいな独身にとって助手席とは買い物袋の席なんだ。

事実は儚いもので…

映画を見ているときに伸びてくるその手。

シン・ゴジラを見てきたけど1番衝撃的だったのは隣の見知らぬおじさんが闇に乗じて僕のポップコーンを食べていたことです

予想外!

■「家族」のいかつい会話

前にも言ったかもだけど、うちの両親は挨拶だけはしっかりしなさいって子育てをしていたから、弟が反抗期のときは「いってきます…オイ!いってきますっつってんだろ!!」「いただきます…チッ、俺みたいな人間には『召し上がれ』もなしかよ…」って傍から見るとめっちゃ面白い切れ方をしていた

ユニークすぎw

『あっ!おばあちゃん!家の中に蛾が入ってきてるよ!』 「お盆だからねぇ、おじいちゃんが帰ってきてるんだよ」 『あの蛾、おじいちゃんなの?』 「そうだよ。虫けらに成り下がって地獄の底から這いあがって来たんだねぇ」 『言い方いかつすぎない?』

虫けら…地獄の底…。

■「カップル」の会話に戸惑う

節分のカップル 彼氏「今日は節分だね♡」 彼女「鬼は外♡でも彼氏くんの恵方巻きは内♡」 彼氏「ばかやろ♡」 体調不良でスポーツドリンクを買いに来た満身創痍わたし「アポカリプス下さい」 店員「御座いません」

動揺がこちらまで感じるw

どちらも傘を持っていては相合傘ができない…。そこで女性がとった行動とは…

私はまだ彼氏と付き合ってない頃、どうしても相合傘がしたくて彼氏が離れた隙に壁に自分の傘を叩きつけて「チッ…くそが、安もんのくせに意外と頑丈じゃねぇか」って言いながらゴリラ並みの握力で傘の骨をへし折って、帰ってきた彼に「どうしよう〜傘壊れちゃったみたい…」って言ったことがあります。

策士だw

■動揺をせざるを得ない「一言」

高校時代、熱血教師が練習をさぼった部員に練習の大切さを教えていたが…

ハンドボールと言えば高校の時、熱血先生が 練習さぼった部員に激怒、次の日全員を並んで立たせ、 熱血「練習は一日一日の積み重ねが大事なんや! 一日一円でも貯めてってみい、幾らになる!?田中、幾らや」 田中「365円です」 熱血「そうか大したことないな」 という伝説を必ず思い出す。

リアル笑っちゃいけないw

今度は大学にて、人のパスワード入力を極力見ないようにしていたら…

人がパスワードを入力してるときにパソコンからそっと目を背けるあの仕草を法学部の友達の前でやったら「それほんまにやるん!?」「そんなんやんの理系の人だけやで」「普通に見てええんやで」とめちゃめちゃ大爆笑されてカルチャーショックだった

私も背けるけど…(動揺)。

『まんじゅう怖い!まんじゅう怖い!』ムシャムシャ 「おい!食べてんじゃねぇか!本当は何が怖ぇんだ!?」 『血糖値』 「怖い…」

一言の破壊力がすごい…

破壊力と言えば、有名人のこんなパワーワードがあって…

吉田沙保里の言葉で好きなのは「女に生まれて良かった。男に生まれてたらきっと試合で人を殺してた」です。

なんか納得してしまうw

■規格外な「子ども」の言葉

ちょっとした呟きを姪に聞かれたら…

プリキュアになりたいなー…とボソッと呟いたら、姪っ子ちゃん(8歳)に「お兄ちゃんは…お兄ちゃんは全てを守る覚悟は、ある…?そういう気持ちがないと、プリキュアは…務まらないの。辛いだけだよ。」と鬼気迫るものを感じる迫力と共に言われたので、多分うちの姪っ子ちゃんプリキュアです。

真に迫るお言葉だ…

生まれる前の記憶が残ったお子様もいらっしゃるかもしれません。そんな記憶を持った子が話してくれて…

子供が3歳の頃、急に生まれる前のことを話し出した 子「お空からお母さんを見てたよ、お母さん優しそうと思って、お母さんのお腹に入ったよ」 私「お空からどうやって来たの?」 子「お父さんのきんたまのちからを借りてやってきたよ」 私「きんたまのちから…」

どんな言葉を返せばいいんだ…

■「お店」の心震えるエピソード

1 2





主に、「ニュース」や「Twitter」、「雑学」をまとめていきます.
よろしくお願いします!
こちらはTwitterになります。