1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ついつい口ずさんじゃう!懐かしの曲がいっぱい流れるこの冬のCM

2017年冬のCMが、懐かしの曲だらけでみんないろんな思い出をよみがえらせてる

更新日: 2017年04月14日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
83 お気に入り 99845 view
お気に入り追加

■山崎賢人のハグが話題のGalaxyのCMは「どんなときも」

山崎賢人が飯豊まりえを後ろからハグし、可愛いと注目を集めているGalaxyのCM。

CMでは、「どんな君も逃さない」をキーメッセージに、東京に上京する幼馴染みへ気持ちを伝えるリアルな恋愛を描いている。

CMソングとなっているのは1991年に槇原敬之がリリースした『どんなときも』。

「どんなときも どんなときも」のリフレインはインパクトがあり、167万枚の大ヒット。悩み多き若者のハートを掴んだ。

これをカバーしてるのが、ツイキャスでライブ映像を配信し人気沸騰。今、JK(女子高生)が最も支持するアーティストの一人、井上苑子。

■スピッツを起用し続けるフォレスターのCM!この冬は懐かしの…

渚、ヒビスクスに続いて、スバルのSUV「フォレスター」のCMソングに起用されているのが、スピッツの『スターゲイザー』。

星見えないね〜じゃあ見に行こうで始まるフォレスターのCM、スピッツのスターゲイザー起用するってとんでもねえセンスだな好き

この曲と言えば、フジテレビ系の人気番組『あいのり』の5代目主題歌として、2004年にリリースされた楽曲。

■30周年のアタックはミスチルの「蘇生」をCMソングに

花王が2017年に洗濯用洗剤「アタック」が発売30周年を迎えることを記念し制作したCMが『30歳の挑戦』編。

サッカー日本代表の本田圭佑選手、タレントの渡辺直美、フレンチシェフの安發伸太郎という夢に向かって挑む30歳の著名人3名が出演している。

CMソングとして起用されたのはMr.Childrenが2002年に発売したアルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』収録曲の『蘇生』。

アサヒ飲料「WONDA」CMソング、映画「ライフ -いのちをつなぐ物語-」の主題歌としても起用されていたので、聞いたことがある人も多いはず。

タイトル通りCMが「生まれ変わる」「挑戦」というメッセージを伝えていることから採用された。

■オロナミンCはサカナクション山口が「風をあつめて」をカバー

とある街を舞台に、人と人とのコミュニケーションの中で、少しずつ「元気」が育っていくという内容のオロナミンCのCM。

ドラマ仕立ての内容で、「ハツラツタワー」がそびえる街で暮らす住人たちを永山絢斗、大杉漣、伊藤歩らが演じている。

このCMでは、サカナクションの山口一郎が伝説的バンド「はっぴいえんど」の『風をあつめて」をカバー。

この曲は、矢野顕子やMY LITTLE LOVERら大勢のアーティストがカバーし、三菱電機やアサヒビールなどのCMソングとしても起用され、長く愛されてきた。

■インプレッサのCMにはドリカムの「LOVE LOVE LOVE」

昨年秋に発売されたスバルの新型「インプレッサ」は、「すべての人から愛される、グローバルクオリティ」を掲げている。

CMの楽曲には、時代や世代を超えて多くの人から愛され続ける名曲として、DREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」を採用。

この曲は、豊川悦治と常盤貴子の共演で話題となったドラマ『愛していると言ってくれ』の主題歌で、ピュアなラブストーリーに毎週胸を高鳴らせた方も多いはず。

■お~いお茶は斉藤和義の「ずっと好きだった」を春らしく起用

伊藤園のお~いお茶「春、まろやか」篇のCMには有村架純が出演。

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見