1. まとめトップ

格安SIMって安いだけ??『LINEモバイル』を使ってみた!

月々の通信費が7000円って高いと思いませんか?auで契約していたときの自分がそうでした。でも、格安SIMって安いなりに使いにくいんじゃないの?そんな不安から手を出せないでいるユーザーのために実際にLINEモバイルを使ってみた途中報告をしてみようと思います。

更新日: 2017年03月20日

7 お気に入り 7271 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

MVNOとは……

「MVNO」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と言います。「IIJmio」「楽天モバイル」「mineo」「U-mobile」「NifMo」「UQ mobile」といった会社やブランドがMVNOです。

ドコモ、au、ソフトバンクといったMNO(キャリア)が通信サービスを提供するにあたって基地局などの設備を自前で保有しているのに対して、MVNOは、自前の設備を一切保有していません。 MVNOはキャリアにお金を払って回線を借りて、サービスを提供をしているのです。

LINEモバイルはドコモ回線を使っているので通信可能範囲はドコモと同じになります。

LINEモバイルだと何ができるの?

対象サービスの通信量が使い放題!

LINEフリープランでLINEの通話・トークが使い放題となり、コミュニケーションフリープランではLINEに加えて、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信量がカウントされず、使い放題となります。

LINEの年齢認証ができる!

LINEモバイルをご契約のお客様ですから

LINEモバイルをご契約のお客様、のほうをタッチします。

LINEモバイルを契約して

WEBページからホームに入ると

確認することが出来ます。

これだけの作業で格安SIMの壁であったLINEの年齢認証を突破できます!

通信速度制限がない!

ほとんどの会社が3日間で一定通信量を超えた場合の速度制限を設けていますが、LINEモバイルにはこの制限がありません。

DMM mobile↓
366MB/3日
NifMo↓
3GBプラン:650MB/3日
5GBプラン:1.1GB/3日
10GBプラン:2.2GB/3日
などのように制限がかかるMVNOもあります。

通信速度がとにかく速い!

LINEモバイルの驚くべきポイントは通信速度にあるといっても過言ではありません。

実際使っていて、遅いな、と感じることはありません。
利用者がまだ少ない、ということも恐らく影響しているとは思いますが。

高速データ通信容量の翌月繰越しができる!

当月内で使わなかった高速データ通信容量は翌月に繰越すことができます。

このシステムを採用しているMVNOは増えてきてますが、LINEモバイルもしっかりカバーしています。

家族や友だちにデータをプレゼントできる!

LINEモバイルでは、LINEを使って友だちにデータをプレゼントしたり、もらえたりします。

家族だけでなく友だちも、って実は凄くないですか??

自分でMNPの転入切替えができる!

手前に写っているのが届いたナノSIMカードです。

切り取って端末に入れると、初期設定が始まります。

初期設定は後ろに写っている緑の説明書通りに進めていきます。

これがなんと10分ほどで終わります。

最近の格安SIMでは一般的なサービスになりつつありますが、LINEモバイルもSIMカードが届いた時点で自分の好きなタイミングで開通手続きを行うことができます。このため、1~2時間程度で利用可能となり、スマホが使えない期間がほとんどありません。

iPhoneが使える!

1 2