1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

地上に打ち捨てられた孤独な女があるというのはどういうことなのか?

ポケナイさん

僕らは互いに熱心に手紙を書かねばならない

僕の若い時代は陰鬱で冷たく不毛だった

僕は自分の持っているミシュレの本などを全部破ろうとしている。最近の僕には、この世には牧師と教師以外に職業はないように思われてきた。

フランスの歴史家ジュール・ミシュレ

この手を焔に入れていられる間、彼女を連れて会わせてくれ

すぐにではないが程なく、僕の内部で愛情が枯死するのが感じられた。そしてそのかわりに一種の空虚、計り知れない空虚が訪れた。

しかしまさにこの貧窮の中で、僕は力が戻ってくるのを感じ、ここから立ち直るのだ、くじけて置いておいた鉛筆を取り直し絵に戻るのだ、と自分に言い聞かせた

きっと人々を真に傾聴せしむるに足るだけのものを、携えて帰って来るに違いない

僕らは因習的な世界で教育され働いているが、自然に立ち返らなければならないと思う

作品の中に思想を表現しようとすることは、画家のつとめであると僕には思える

自分の目の前にあるものを正確に写し取ろうとするよりも、僕は自分自身を強く表現するために色彩をもっと自由に使う

その農民たちの絵から、ベーコンの匂いや煙やじゃがいもの湯気が感じとれたら成功だ

この絵は手の労働を語っているのであり、いかに彼らが自分達の糧を稼いだかを語っている

僕は農民が畑を耕すように、自分の絵を耕しているのです

僕は大聖堂よりは、人間の眼を描きたい。大聖堂がどれほど荘厳で堂々としていようとも、そこにはない何かが、眼の中にあるからだ。

ずっと情熱を感じるのは、肖像画、現代の肖像画だ

自分の肖像をうまく表現できたら、他の人々の肖像も描けると思うから

僕が感じているキリストの姿を描いたのは、ドラクロワとレンブラントだけだ。そしてミレーがキリストの教理を描いた。

ウジェーヌ・ドラクロワ、レンブラント・ファン・レイン

「ミレーの農奴は、自分が種を蒔いているその大地の土で描かれているかのようだ」これはアルフレッド・サンシエの言葉だが、まさに真を衝いた名言だ

ジャン=フランソワ・ミレー

例えば、ミレーの『種まく人』は畑にいるただの種まく人ではなく、むしろその魂なのだ

その花が太陽に顔を向け続けるように、信心深い人はキリストに関心を向け続ける

君と同様、あれから何日かは、いつものような仕事はできなかった。この日々は忘れることはあるまい。

結局のところ、本当にそう思うのだが、僕は色彩の音楽家であるよりも、靴屋でありたいのだ

気がふれ病気になりながら、それでも自然を愛する人間がいる、それが画家というものだ

神の言葉を種まく人に、僕はなりたいと願っている

福音書だけでなく聖書全体の根底または基本的真理の一つは、暗闇の中に差し昇る光だ

この光を最も必要とし、受け入れる心が強いのは誰なのか、経験によれば暗闇を歩く人々

教会へ入ったら最後、人は固まった石と化してしまう。これは驚くに値しない。僕は自分自身の経験で知っている。

現実のそして架空の教会の壁のために、骨の髄魂の髄まで、悪寒を感じ続けていた

暗闇に光を投げかけてくれるような本

1 2 3 4 5