1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

逮捕されることも…「立ちション」は犯罪になることがある

軽い気持ちでしてしまった立ち小便が、なんと、逮捕されてしまうという事態に発展してしまうことがあるので注意が必要です。

更新日: 2017年02月10日

13 お気に入り 14556 view
お気に入り追加

■立ち小便で迷惑している人は多い

先週から自宅の近くで水道管かなんかの工事をしているが、その業者の駐車マナー等が悪すぎる。 交差点に軽トラを停めてみたり、自宅前になんの断りもなしに関係車両を停めたり。あげくの果てにその車の近くで立ち小便している。迷惑きわまりない。

びっくりした‼ いつもの帰り道、住宅街の隅でいきなり立ちションしてた‼ しかも30代くらいのカップルで、彼女は何も言わず…止めなかったんだろうか? すぐそこに2分でコンビニも駅もあるのに その道を通るしかない私が居たたまれなかったよ…超迷惑

最近減ったとは言え時々立ちションをしてる人を時々見る。 ホンマにうざい

ドイツ南部にあるウルム大聖堂が男性の立ち小便に悩まされている。歴史的建造物の壁が尿に含まれる塩分と酸によって腐食している

ウルム市は今年、立ち小便の罰金をこれまでの2倍の100ユーロ(約1万1360円)に引き上げたが、状況は改善していない。

ウルム大聖堂は、2026年にスペイン東北部バルセロナで「サグラダ・ファミリア」が完成した際に、世界で最も高い教会という称号を譲ることになる

■最近、あるニュースが話題になった

なんと、立ち小便問題が最高裁で争われることになるかも…。

ビルの駐輪場で立ち小便をしたとして、軽犯罪法違反罪に問われた男性(36)の控訴審判決公判が7日、大阪高裁で開かれた。

大阪高等裁判所は「駐輪場は道路と接していて、立ち小便を禁じた街路にあたる」として、1審とは逆に科料9900円の有罪判決を言い渡しました。

一審判決は「公衆の集合する場所には該当しない」と判断し、福崎裁判長も支持したが、現場が歩道に接している点などから「街路に当たる」と指摘、同罪の成立を認めた

被告の弁護人の中村友彦弁護士は、「街路の定義が定かではなく、判決には納得できない」として最高裁判所に上告することも検討するとしています。

立ち小便の裁判、最高裁まで行くと聞いて胸熱 最高裁の法廷で「罰金9000円を命じる」とか聞いてみたすぎるw

立ち小便で最高裁まで争うとか気合入ってるな。見習いたい

■果たして立ち小便は犯罪なのか?

具体的には、『街路または公園その他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、または大小便をし、もしくはこれをさせた者』は、拘留または科料にすると、規定されています(1条26号)。

『拘留』というのは、1日以上30日未満の間、施設に収容される刑罰で、懲役と違って作業は科されません。『科料』は、1000円以上1万円未満のペナルティを支払わされること

これらは刑罰の中でもっとも軽いものだが、立ちションをすると、逮捕される可能性もある

刑法142条の「浄水汚染」(付近に飲料水として使用されている井戸などがあった場合)、同第261条「器物損壊等」(他人の所有物などに放尿・排便した場合)、同第174条「公然わいせつ」(人々が集合したり往来のある場所などで陰部を露出して放尿・排便した場合)によって処断されたケースもあり

渋滞中の高速道路横で立ちションする行為もこれに該当しますが、緊急やむを得ない場合には、違法性がないとして、処罰されない

公衆が集まる場所でない所、たとえば自分の家の敷地や山奥、海や川の中などは適用外になります

人目につかない場所はOKということです。

■立ち小便撲滅を目指し、各国が対策に乗り出している

1 2





まひろちゃんぶーさん

皆さんのお役にたてるよう頑張りますのでよろしくお願いします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう