1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

”三途の川”をさまよった松村…助けてくれたのはあの芸人だった

バラエティ、ドラマ、ラジオで活躍中の松村邦洋さん。彼が2009年マラソン中に心肺停止になったことを覚えていますか?”三途の川”をさまよった松村さんを助けてくれたのは亡くなったあの芸人でした。

更新日: 2017年02月10日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 96518 view
お気に入り追加

バラエティ、ドラマ、ラジオで活躍中の松村邦洋

日本史上の人物・タレント・プロ野球選手・政治家など幅広くものまねをしている。

最近では人柄の良さ、独特の感性が評価されている。野球・歴史の知識が豊富で、多くの人に愛されるタレントを目指しバラエティ、ドラマ、ラジオで活躍中。

09年ごろから太りすぎのせいでダイエットを決意

09年の東京マラソンで倒れ、生死をさまよった

東京マラソンで、ランナーとして参加していたタレント松村邦洋(41)が午前11時半ごろ、15キロ地点手前の東京都港区の路上で倒れ、一時心肺停止状態になった。

2009/03/22

近くにいた医師らが駆けつけ、心肺停止状態を確認。電気ショックを与えるAED(自動体外式除細動器)で緊急処置をして、やっと呼吸を回復した。

現場で対応したドクターは、「オーバーペースになったことが倒れた原因」と語ったという。

三途の川を見る体験…寸前に止めてくれたのはウガンダ

2月9日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』

松村は今回、2009年の東京マラソンで、走っている最中に心肺停止して、救急車で救急搬送された真相を告白。

生死をさまよい、三途の川を見る体験もしたという。「その直前(08年)に亡くなったウガンダさんが夢に出てきて、『松村、お前こっちの川でなくて、そっち通れよ』って言っているんです。」

「言われた方の川を通っていると、三途の川が神田川に繋がってて、そこで目が覚めた」と、先輩芸人に救われたエピソードを話した。

ウガンダさんは家が近く、よく知っていたそうで、知り合いの“おかげ”で生還できたと感謝した。

ネプチューンの名倉潤は笑顔で「そんなこと、あんねんな。ホンマに」と松村の不思議な体験に感動していた。

ウガンダ・トラのプロフィール

没年月日:2008年5月31日(満55歳没)

77年には、グッチ裕三(56)モト冬樹(57)らとビジーフォーを結成、ものまねやコミックソングで人気を得た。

芸名は、容姿が似ていたウガンダのイディ・アミン元大統領に由来するが、それ以外にウガンダ共和国との接点はない。

この不思議な体験に対する声

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。お気に入り登録して下さった方にも感謝します。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012

このまとめに参加する