1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『北の国から』だけじゃない!「倉本聰」脚本ドラマ・映画5選

山田太一・向田邦子と合わせて「シナリオライター御三家」とよばれた倉本聰。「北の国から」で知られる、日本の脚本家の第一人者。高倉健主演の傑作映画「駅 STATION」、緒形拳の遺作となった「風のガーデン」。萩原健一主演の伝説の名作ドラマ「前略おふくろ様」など5本をまとめた。追記:『やすらぎの郷』も

更新日: 2017年07月26日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 27175 view
お気に入り追加

◆脚本家として集大成のドラマに取り組んでいる倉本聰

『やすらぎの郷』(2017年4月3日スタート)

脚本家・倉本聰(左)と主演の石坂浩二(右)

テレビ朝日に来春から、中高年向けの新しいドラマ枠が新設される。第1弾は、ドラマ「北の国から」などで知られる倉本聰さんのドラマ「やすらぎの郷」で、主演を石坂浩二さんが務める。

「やすらぎの郷」は、全盛期の映画やテレビ界を支えた俳優、作家、ミュージシャン、アーティストたちが集う老人ホームを舞台に、かつての大スター集団が繰り広げる人間喜劇。

今回のドラマは、夜のゴールデンタイムに若者向けドラマが多く放送される一方で、大人が楽しめる作品が少ないという現状を受け、倉本氏が企画。

現在81歳の倉本が、長年にわたって芸能界、特にテレビドラマに関ってきた経験のすべてを注ぎ込んだ、集大成ともいうべき作品になるという。

◆日本の脚本家の第一人者

脚本家、倉本聰さん。81歳。北海道富良野を拠点に「北の国から」などの人気ドラマを担当し、脚本家の第一人者としての地位を確立してきた。

山田太一・向田邦子と合わせて「シナリオライター御三家」と呼ばれ、ファミリーストーリーを描き続けてきた人物だ。

倉本は、今から約30年前に、私財を投じ、シナリオライターと役者を養成する私塾『富良野塾』を設立し、主にテレビ業界に優秀な人材を送り出しました。

2010年閉塾

◆「倉本聰」脚本ドラマ・映画5選

映画

▼『駅 STATION』(1981)

出演:高倉健、倍賞千恵子、いしだあゆみ
監督:降旗康男
脚本:倉本聰

オリンピックの射撃選手でもある刑事と3人の女性の宿命的出会いと別れを3部構成で描いた人間ドラマ。

三上のコーチであり、人生の師匠でもある相馬刑事に大滝秀治。三上の故郷の漁師に田中邦衛。サブキャストも根津甚八、永島敏行、小林稔侍、橋本功など豪華だ。

三上役:高倉健

八代亜紀の『舟唄』をバックに男と女が無言で交わすクライマックスは圧巻。木村大作のシャープかつ情感あふれるキャメラ・ワークも絶品。

日本映画ならではの情緒と健さんならではのわびさびの美学が見事に融合した人間ドラマの傑作に仕上がっており、本作で“Mr.日本映画”こと高倉健のイメージは決定付けられたと言っても過言ではない。

同作は82年の第5回日本アカデミー賞で最優秀作品賞に選ばれ、高倉自身も最優秀主演男優賞を受賞している。

高倉と倍賞は何度も共演しているが、同作での倍賞の演技もまた出色で、この映画を名作へと導いた功労者だ。

駅 STATION 1981年作 倉本聰脚本 降旗康男監督 CSで、やっていました。 久しぶりに見ましたが、数えたたら、20回は、見たでしょう。 何回見ても、いいです。 個々の出演者がいいです。 高倉健・倍賞千恵子 ・いしだあゆみ・烏丸せつこ・宇崎竜童・大滝秀治・小林稔侍…

『駅 STATION』、デジタルで新作のような瑞々しさに蘇った映画に「名画とはこういう映画」と感銘しきりでした〜。烏丸せつこさんの演技の素晴らしさにも感動しました。こういう映画作り、最近はないなぁ。 #asa10eiga ln.is/coco.to/movie/…

高倉健さんと、倍賞千恵子さんの映画「駅 STATION」、飲み屋で八代亜紀さんが「舟唄」が流れるシーンが、うたコンで流れたんだけど、めちゃくちゃ良いシーンだったのね。当時映画館で見たけど、若かったから、その良さも男女のことも分かってなかった。手を握るシーンを玉木君で想像して

ドラマ

▼『風のガーデン』(2008)

1 2 3





記憶の中で生きてゆける