1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

どこか懐かしい…シティポップ&歌謡曲的な雰囲気を持つバンド

シティ・ポップのジャンルにカテゴライズされることが多く、日本のニュー・ミュージックや歌謡曲からの影響も感じるバンドをまとめてみました。

更新日: 2017年02月13日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
709 お気に入り 71734 view
お気に入り追加

日本のニューミュージック、歌謡曲に落とし込んだサウンド

貴志朋矢(G)
小倉裕矢(B)
有坂朋恵(Vo)
古谷理恵(Dr)
堀智史(Key)

2014年の春じわじわと結成。純度の高いポップスを志向中。

テクニカルなリバーブギターとあったかいメロディ、小谷美紗子にも似たまろやかな有坂朋恵(Vo.)の声が織りなす、とことんロマンティックなシティポップに仕上げている

四季折々のロマンスに満ちたリリックを絶妙な温度で届けるボーカルワークは白眉そのもの。

ロックステディやレゲエといった音楽の要素を日本のニューミュージック、歌謡曲に落とし込んだサウンドを特徴としている。

01. 所縁
02. 後ろ姿
03. チョコレート
04. 道路灯
05. 不機嫌な日々
06. 片想い
07. コバルトブルー
08. 離ればなれ
09. 春は遠く夕焼けに

阿佐ヶ谷ロマンティクス - 所縁 (Official Music Video)

阿佐ヶ谷ロマンティクス - 春は遠く夕焼けに(Official Music Video)

阿佐ヶ谷ロマンティクスの素晴らしさ。心にグッと響く音楽。感動です。 pic.twitter.com/txqx0NtQxq

阿佐ヶ谷ロマンティクス - 所縁 去年一昨年あたりからずっと僕はこの阿佐ヶ谷ロマンティクスが今年か来年あたりにブレイクしてほしいと思ってます youtube.com/watch?v=sqUSCs…

自分たちの世代ならではのポップ・ミュージックを構築

Kose Ueno (Ba)
Fumiya Takemura (Gt)
Tetsushi Kasuya (Dr)
Kengo Kakudate (Gt.Vo)

2013年6月、都会におけるポップスの進化をテーマに活動を開始。

バンド名の由来としては、ヨガの達人のマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーを挙げている。

シティー・ポップの洗練性、レゲエ/ダブの浮遊感、近年のUSインディー・シーンと共振するサイケデリアを兼ね備え、都会の窮屈さと自然への憧れを綴る。

はっぴいえんど、松任谷由実、山下達郎、サニーデイサービスらに影響を受けながら、自分たちの世代ならではのポップ・ミュージックを構築。

01. Like Sixteen Candles
02. Sunset Town
03. Night is Coming
04. Lemon Tea
05. Sunset Town [Dorian remix]

Yogee New Waves / C.A.M.P.(Stoned Forest ver.)@IMAGE CLUB

Yogee New Waves / Like Sixteen Candles(Official MV)

Yogee New Wavesってそれこそニューウェーブって呼ばれてた音楽とかシティポップって言葉が最初に使われ出した辺りの音楽もそうだけど、普通に歌謡曲の要素も濃い気がする。 だからこそ俺にブッ刺さる

youtube.com/watch?v=Ozodjm… うわー。シュガーベイブとか細野晴臣みたいな感じ。1周回ってニューミュージックが流行るのか!同年齢でこういうバンド居るのは嬉しいなぁ。

「西海岸のはっぴいえんど」

松島皓(Gt)
阿南智史(Gt)
安部勇磨(Vo&Gt)
巽啓伍(Ba)
鈴木健人(Dr)

2014年春に、安部勇磨(Vo,Gt)と松島皓(Gt)の宅録ユニットとして活動開始。

トリプル・ギターの心地よいアンサンブルでサイケデリックかつエキゾチックなサウンドを鳴らしている。

歌詞にネガティブな言葉がない、というのもこのバンドの良さの一つ。

土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、どこか海外の海と山が見えるような匂いを感じさせる。

そしたら誰かが言った…「西海岸のはっぴいえんど」と。

1 2 3





ラガモさん