1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

まさに天空の世界!!雲の上にある絶景スポット【10選】

天空に浮かんでいるような美しすぎる絶景を紹介します!ラルンガルコンパ/メテオラ/スピシュ城/ホーエンツォレルン/ギアナ高地/プレアビヒア/マチュピチュ/シーギリヤロック/武陵源/ポパ山

更新日: 2017年03月13日

590 お気に入り 167739 view
お気に入り追加

天空に佇む廃城

12世紀にモンゴル人の攻勢に対処するため建てられたと言われる「スピシュ城」ですが、現在は廃墟になっています。

その風景はまるで「天空の城ラピュタ」に出てきそうな雰囲気で、モデルの一つではないかとも言われています。

ラピュタのモデルの一つとも言われているが、行って見たらそう言われるのも納得

まだ観光整備がされていないため、訪れるのは大変ですが、人も少ないため時間を掛けて見ることが出来ます。

巨岩の上に建つ天空の修道院

修道士たちはこの奇岩群に神を見て、より神に近づくために、命をかけてこれら修道院を造り上げた。

岩の高さは最大で500m以上あり、見るものを圧倒します。

とにかくインパクト抜群で、この世の物とも思えない豪快な光景です。

神に近づくために修道院を建てたというのも納得できる絶景が広がっています。

天空の宗教都市

ラルンガルゴンパは文化大革命を生き抜いた高僧ケンポ・ジグメ・プンツォクにより1980年代に開かれたチベット仏教の四大宗派、ニンマ派の僧院です。

ラルンガルゴンパがある場所の標高はなんと4300m。まさに天空の宗教都市です。

一つ一つは宿坊となっており、僧侶の袈裟の色である印象的な朱色で統一されています。

チベットの政治情勢によっては行くことができず事前に把握できないため、行くためには運が必要になります。

地球最後の秘境

ほとんど垂直の絶壁で隔絶されたテーブルマウンテンの上部は、まさに陸の孤島。岩だらけの世界で生物は独自の進化を遂げている。

1000mを超えるテーブルマウンテンが100以上点在しています。

テーブル上に平たい頂上が見渡す限りに広がる景色は圧巻!言葉になりませんでした。

雲海に浮かぶ天空の城

11世紀に建てられたホーエンツォレルン家のもので、プロイセン国王やドイツ皇帝も輩出した名城

ドイツで最も有名な城の1つにして、“天空の城”とも言うべき美しい城です。

独立峰の山頂に建っているので、まるで周囲を睥睨しているような大迫力。

ノイシュヴァンシュタイン、ハイデルベルクと並ぶドイツ3大名城の一つです。

多くの謎に包まれた天空の帝国

1 2





日常にあふれる面白いものや素晴らしいものを少し違った目線からまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう