1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

whimtripperさん

江戸時代より例幣使街道の宿場町として、また舟運で栄えた問屋町として、北関東の商都と呼ばれた。
京都から日光に至る例幣使街道が通る栃木の宿は、東照宮に参拝する西国の諸大名も通り、賑わいを見せた。
この例幣使街道の一部が今の中心街をなす大通りや嘉右衛門町通りであり、その両側には黒塗りの重厚な見世蔵や、白壁の土蔵群が残り、当時の繁栄振りを偲ばせている。

栃木市の蔵の街は昔の街並みが残っていて、時間が流れるのもゆっくり。ゆる〜い観光に良さそうな、そんな街です。(河) #栃木 #蔵の街 #昔懐かしい #デートスポット pic.twitter.com/KkD7pYlccd

2/11 栃木のとある蔵の町へ。 午前中は寒かったですが、午後になると暖かくなり色々撮れました~ 地元の人ともたくさんお話できたのも嬉しかった また行きたいなぁ~ pic.twitter.com/84weAuC48v

フジで住みたい田舎1位になった栃木県栃木市やってるー!!!!私も栃木県で今の町に生まれてなかったら栃木市に住みたいと思ってた!!蔵の街大好き!!!蔵の街カメラ持って歩いた時の写真\( ˆoˆ )/ pic.twitter.com/o7siFqPlwb

■そんな蔵の街で、あえて洋館巡りをオススメしたい。

登録文化財、好古壱番館。銅板葺きの屋根から浮き立った屋根窓は、四角く、ステンドグラスがはめ込まれています

有形文化財・大正2年
木造のハーフティンバー様式
現役の病院です。

有形文化財通称
ここも旧栃木病院同様、木造のハーフティンバー様式
脇に県庁堀という水路が流れている。

1