1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

双方食い違いも?清水富美加の引退報道で一夜明けわかってきたこと

人気女優・清水富美加さんが宗教団体「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退する意思を固めたと報じられました。これを受け、教団側と清水さん所属事務所側がそれぞれ代理人を通じ会見を行いました。

更新日: 2017年02月13日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
32 お気に入り 463351 view
お気に入り追加

●芸能界引退が報じられた清水富美加さん

色々ありましたし、色々あります。 100%本人で自由に、ね。 つぶやきたいと思いますので よろしくお願いしまする。 pic.twitter.com/M2sK5aSTR2

女優、清水富美加(22)が芸能界を引退する意思を固めたことが11日、分かった。

宗教団体「幸福の科学」の活動に専念するためで、清水は所属事務所に「出家」すると伝えてきたという。

宗教団体「幸福の科学」の信者であることを所属事務所「レプロエンタテインメント」に明かし、「仕事をやめて、幸福の科学に出家します」と話したという。

・清水さんは「幸福の科学」信者だったことを告白

関係者によると、先月19日、幸福の科学グループ総裁の大川隆法氏(60)が清水の守護霊に“インタビュー”した動画が同団体の公式サイトに掲載。

それを知ったチーフマネジャーが、清水に「知ってる?」と確認。すると清水が「実は信者です」と告白

「幸福の科学」の広報担当者は、ハフィントンポストの取材に対して「清水富美加が2月に出家した」と認めた。

●報道を受け「幸福の科学」がコメントを発表

宗教団体「幸福の科学」広報局は12日、公式サイトで芸能界を引退する意思を固め、

会見には幸福の科学グループ専務理事 広報担当の里村英一氏(56)、清水の代理人で教団弁護士の佐藤悠人氏(58)が出席

●広報担当が清水さん出家の経緯を説明

里村氏は「出家することになりましたので、経緯をご説明いたします」と前置きし、説明

「あたかも何もなかったのに青天の霹靂のように出家を希望したと見られる点があった。出家には大きな伏線があったと報告させていただきたい」と説明。

・良心や思想信条にそぐわない仕事が増えていたとのこと

清水富美加「神のために生きたいと思いました」…幸福の科学が公表した直筆メッセージ全文 dlvr.it/NM1LYc #芸能ニュース #スポーツ新聞 pic.twitter.com/OYR9CUDkb2

教団の説明によると、低賃金、意に沿わない労働が続き「死にたい」と両親らにこぼすようになり、医師の診断からもドクターストップがかけられた状態だったという。

最近では「人肉を食べる人種の役柄」など、良心や思想信条にそぐわない仕事が増えていたとのこと。

「写真集でブルマーやスクール水着を着なければいけないのは、かなりのショックだったと話している」などと明かした。

「業界のルールに従わないとこの世界で生きていけない。毎日がギリギリの状況でした」という清水のコメントも明かした。

・「生命の危険があり、約半年の休養が必要」と診断されたたという

事務所側が提出したスケジュール予定には仕事がびっしりと詰まっていて「それを見た清水さんは大きな傷を受けた」という。

2月6日に与えられた仕事をこなした翌日、専門医の治療を受けた結果、「生命の危険があり、約半年の休養が必要」と診断されたため、ドクターストップを理由に全ての仕事を休む状況が続いている。

・一方、清水さんの芸能活動継続と政界進出には否定した

1 2 3





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう