1. まとめトップ

MetaTrader 4 での注文の手順

取引したい通貨ペアを気配値表示ウィンドウからで選択(ダブルクリック)します。

発注ウィンドウが立ち上がりますので、数量、注文種別を入力して、注文アイコン(「売り(Bid)」または「買い(Ask)」)をクリックします。

注文が完了すると、ターミナルウィンドウの取引タブにオープンポジションが登録されます。(チャートウィンドウでもレートチェック可能)

取引タブに登録されているポジションをクリックすると、表示される注文の発注画面から決済取引が可能です。

発注後の損益は「口座履歴」タブに反映されます。

これら取引作業は、チャートタブてからも実行可能です。

通貨の選択

気配値表示ウィンドウから取引したい通貨ペアをダブルクリックで選択。

ポジションメイク

発注ウィンドウで、数量や注文種別を入力してポジションを建てる。

■ 注文画面の説明
・symbol(通貨ペア): 取引したい通貨ペアを選択
・Volume(数量): 売買するロット数 (数量 0.01 = 1 千通貨)
・Stop Loss(決済逆指値): 損失を限定させるための決済価格を指定
・Take Profit(決済指値): 売買を成立させたい決済価格を指定
・Comment(コメント): ポジションにメモしておきたいことを記載できる
・Type(注文種別): 「成行注文」、「指値または逆指値注文」、「注文の変更または取消」から選択
・Instant Execution Sell(成行売り): 売り(Bid)の注文確定アイコン
・Instant Execution Buy(成行買い): 買い(Ask)の注文確定アイコン
・Enable maximum deviation from quote price: 提示価格との価格誤差を有効にする (最大許容誤差を入力)

ポジション管理

保持しているポジション(オープンポジション)は、ターミナルウィンドウの「取引」タブに登録されています。
手動決済したい場合は、ポジションをダブルクリックし、再度注文 発注ウィンドウを表示して行います。

注文発注ウィンドウで黄色の「Close(決済取引)」アイコンをクリックし、損益かを確定させます。
 ※注意:決済取引アイコンと新規取引アイコンを間違わないこと。

成行注文

注文方法は主に、「成行注文」「指値注文」「逆指値注文」の3種類です。

以下本項目では、成行注文方法についてご説明致します。

通貨の選択

気配値表示ウィンドウから取引したい通貨ペアをダブルクリックで選択。

数量と売買種別の指定

注文の発注ウィンドウが表示されます。
まず「数量(Volume)」で売買するロット数を指定します。
例示は、数量 1.00 = 10万通貨です。

売買種別(Type)で、成行(InstantExcution)を選択し、

売りの場合は赤いボタンの「売り(sell)」、
買いの場合は青いボタンの「買い(buy)」をクリックします。

 

配信レートは、注文がサーバーに送信、処理による遅延で変動することがあります。したがって確実に約定して欲しい場合は、「提示価格との価格誤差を有効にする(Enable maximum deviation from quoted price)」のチェックボッ クスにチェックを入れて、その下の最大価格誤差を設定します。

 

ポジションを持つと、「****注文完了しました」という画面が表示されます。
「OK」アイコンをクリックすると発注ウィンドウが閉じます。
ポジションはターミナルの「取引」に表示されます。

決済注文

保有ポジションは、ターミナルの「取引」タブに登録されます。

決済したい時はポジションをダブルクリック(あるいは右クリック→決済注文(CloseOrder))し、注文 発注ウィンドウを表示します。

注文発注ウィンドウで黄色の「決済取引(Close)」アイコンをクリックすれば損益が確定します。
※決済取引アイコンと新規取引アイコンを間違わないようご注意ください。

注文の変更、取消

1 2 3 4





株式会社トリロジー Trilogy Inc.
投資助言・代理業登録業者/財務省近畿財務局長(金商)第372号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員/会員番号022-00269

このまとめに参加する