1. まとめトップ

子供には見せられない「クレヨンしんちゃん」作品(下ネタ中心)

初期のクレヨンしんちゃん作品は、掲載誌が大人向けだったため大人向けの描写が多いです。 大人向けの中でも、子供には見せられない下ネタ中心の「クレヨンしんちゃん」作品をまとめました。

更新日: 2017年02月21日

36 お気に入り 901069 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tranza70さん

野原しんのすけ「前が見えねェ」

シチューの熱ささを、おばちゃんの足で確かめる。ぶち切れたおばちゃんに、前が見えなくなるほど、ボコられるしんのすけ。

初期のクレしんのノリの代名詞とも言えるギャグシーンである。

ちなみにアニメ化以前の初期クレしんは掲載誌が大人向けだったため大人向けの描写が多い。
アニメ化を機に大人向けの描写は弱まりファミリー向けにシフトしていったことは有名な話である。

よしなが先生「ああっいいー」(封印された「クレヨンしんちゃん第一話」)

よしなが先生「ああっいいー」はアニメ版「クレヨンしんちゃん」のよしなが先生とはイメージが違いすぎるので、封印されてもしかたがないですね。

感じてしまう、よしなが先生・・・これはひどい。

よしなが先生「そんなに小さかないわよ」

吉永先生「しんのすけ君はな~に?」

しんのすけ「オラのチンチンと風間くんのチンチンとマーくんのチンチンと・・・先生にもあとでひとつ・・・」

吉永先生「えんりょするわ」

しんのすけ「だってあと一個は先生の恋人のチンチンだよ」 

吉永先生「そんなに小さかないわよ」

よしなが先生「ひえ~ソープに売るのだけは勘弁して~」

よしなが先生「ひえ~ソープに売るのだけは勘弁して~」

園長先生「よしなが先生、ボクです・・・園長ですよ!!」

ひろしとみさえの夜の営み

野原みさえ「フーセンガムじゃないのよ!!」

野原みさえ「そうね、そこ(お股)なら何でも入るし・・・」 かなりヤバイネタ。

出典p.twpl.jp

しんのすけ「カギはオラがあずかる」

みさえ「ダメよ、あんた失くしちゃうから」

しんのすけ「じゃ・・・母ちゃんのお股に・・・」

みさえ「そうね、そこなら何でも入るし・・・」

ネネちゃん「わたしのメアリーが犯された」(封印された「クレヨンしんちゃん第一話」)

「嫌いどころか、むしろ・・・」と、思わず本音を漏らしてしまう・・・よしなが先生

しんのすけ「クソー、顔がピカソになるぐらいなぐりやがって」

1 2