1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「担任によるいじめあった」…中3男子生徒が自殺した問題の闇が深い

愛知県一宮市の中学校3年の男子生徒が「担任に私の人生を壊された」とメモを残して自殺した問題で、学校側は12日の夜、臨時のPTA総会で「担任教諭によるいじめがあった」と説明しました。ニュースをまとめ。

更新日: 2017年02月13日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 132709 view
お気に入り追加

○中学校3年生の男子生徒が自殺した問題

愛知県一宮市の教育委員会は、市内の中学校に通う男子生徒が、6日、大阪のビルから飛び降り自殺したと発表した。

市立中学校3年生の男子生徒(14)が6日、大阪市内の商業施設から飛び降りて自殺したと明らかにした。

市教育委員会は11日、記者会見を開き、男子生徒が自殺した要因の一つに担任と学校に対する不信感があったとして、謝罪した。

○携帯ゲーム機に「遺言」が残されていた

男子生徒が自分の携帯ゲーム機に、男性教諭に人生を壊されたなどとして、「私などが生きていても誰も必要としないでしょう」とするメモを残していたことも判明。

市教委によると、生徒のゲーム機に「遺言」とする5日付の文章が保存されていた。

○学校側は「担任によるいじめあった」と発表

学校側は12日夜、臨時のPTA総会を開き、「担任教諭によるいじめがあった」と説明しました。

出席者によりますと、PTA総会で学校側は「担任の教諭に男子生徒をいじめるなどの問題があった」と認めたということです。

○PTA総会に出席した保護者のコメントは…

「驚きの表現としては『先生による生徒へのいじめだ』と発言」(PTA総会に出席した保護者)

「いじめだと認識していたみたいです。(Q.誰によるいじめ?)担任の先生」(PTA総会に出席した保護者)

○男性教諭は自宅謹慎しているという

男性教諭は、市教委の聞き取りに「とてもつらい」と話しているが、男子生徒との間に何があったのかについては、はっきりしていない。

○男子生徒の両親がたびたび改善を求めていたという

男子生徒は中学3年生になってから担任の教師との人間関係に悩んでいて、学校に対し、両親がたびたび改善を求めていたということです。

市教委は弁護士や心理学の専門家らでつくる委員会を設置。死亡の経緯や学校の対応を調べる。

また、市は第三者委員会を設置し、原因の究明に努めるとしている。

○このニュースはネットでも話題になっている

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう