1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

DRIVELIGHTさん

ギリヤーク尼ヶ崎( ギリヤークあまがさき、1930年8月18日 - )

日本の大道芸人、舞踏家、俳優。北海道函館市出身。本名は尼ヶ崎勝見(あまがさき かつみ)。芸名の由来は、自身の風貌が樺太の少数民族ギリヤーク(近年はニヴフと呼ばれる)に似ていることから。

青年時代は邦正美に師事して創作舞踊を学び、全国合同公演に参加するなど舞踊家として活動する。

日本の舞踊家であり哲学博士。
神奈川県出身。
東京帝国大学卒。

30代になったころから自らの芸を極めるため大道芸に転向、1968年に38歳で初めて街頭公演を行う。以後「鬼の踊り」(命名は画家の林武)と称される独特の舞踏が賞賛を受け、「最後の大道芸人」(実際に最後というわけではなく、前時代的なプロフェッショナル意識に対する賞賛の意)と呼ばれる。

1975年以降はフランス、アメリカ、韓国、サハリン、中国など海外での公演も実施、1981年から文化庁芸術祭にも参加。

1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災に強い衝撃を受け、同年2月17日に被災地神戸市長田区の、焼け野原になった菅原市場で鎮魂の踊りを舞う。

ギリヤークが「南無阿弥陀仏」と叫ぶとともに、被災者のお年寄り達が一斉に合掌。その雰囲気に圧倒され、ギリヤークは初めて演技を間違った。そして同時に、自らの踊りの本質が「祈り」であることを悟ったと語っている。これ以後、自身の芸風も「鬼の踊り」から「祈りの踊り」へと変化したという。

30代になって大道芸人に転向した後は、生計のすべてを観衆からの「おひねり」で賄っている。これで生活できなければ、芸が未熟で芸人の資格がないということだと語っている。しかし、彼自身「おひねり」で生活できるようになったのは60歳を過ぎてからであった。年金について聞かれた際には、「年金ってなんですか?」と聞き返している。

洗米や金銭を白い紙に包んでひねったもの。本来は神仏に供えたものだが、祝儀にも使うようになった。紙捻り。

しかし今、原因不明の病に冒されています。腰は極度に曲がり、手の震えは止まりません。今年に入ってから関西や北海道での公演を次々と中止せざるを得ませんでした。そして病院を転々とし、ようやく下された診断は、身体が次第に動かなくなるパーキンソン病でした。

現在も弟さんに看病してもらいながら療養中のようです。

伊丹十三、大島渚に加え寺山修司や近藤正臣とも親交があり、彼らは特にギリヤークの舞を評価していた著名人である。

出演映画

爆裂都市 BURST CITY(1982年)石井聰亙監督
さらば箱舟(1984年)寺山修司監督
タンポポ(1985年)伊丹十三監督などに出演している。

最後に個人的意見。

昨日ETV特集という番組でギリヤークさんの事を知り、どのような人物なのか気になって調べました。いくつもの病気を患いながらも踊るという行為を続ける男の姿は、まさに生きていると感じました。

いつかは、皆年老いて死んでいく。その無常や人間の悲しさなども彼の生き様を見ていて
更に考えるきっかけになりました。本人がおっしゃっている通り、踊りながら最後を迎えてもらいたいです。

1