しかし今、原因不明の病に冒されています。腰は極度に曲がり、手の震えは止まりません。今年に入ってから関西や北海道での公演を次々と中止せざるを得ませんでした。そして病院を転々とし、ようやく下された診断は、身体が次第に動かなくなるパーキンソン病でした。

出典伝説の大道芸人・ギリヤーク尼ヶ崎(86歳)の生き様を観て泣いた - 自由ネコ

前へ 次へ