30代になって大道芸人に転向した後は、生計のすべてを観衆からの「おひねり」で賄っている。これで生活できなければ、芸が未熟で芸人の資格がないということだと語っている。しかし、彼自身「おひねり」で生活できるようになったのは60歳を過ぎてからであった。年金について聞かれた際には、「年金ってなんですか?」と聞き返している。

出典ギリヤーク尼ヶ崎 - Wikipedia

前へ 次へ