1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

deepimpact44さん

サムライジャパン

2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する日本代表チームの監督就任記者会見で、加藤良三・日本野球機構(NPB)コミッショナーと原辰徳・日本代表監督が発表した。加藤コミッショナーと原監督には日本代表チームを監督の名で呼んでほしくないと思っていたため、この名称がつくことになった。ホッケー日本代表とは違い、表記上は片仮名。この会見では名称のほかにチームのロゴも発表され、このロゴは侍がバットを持っている姿となった。

なでしこジャパン

2004年のアテネオリンピックのアジア予選を勝ち抜き、出場権を獲得したことで、日本サッカー協会が愛称を一般公募し決定した。この名称がスポーツニュースなどで連呼されるようになり、結果として女子サッカーへの注目度が高まった。2011年には新語・流行語大賞年間大賞を受賞した。

ムササビジャパン

おりひめジャパン

ポセイドンジャパン

翼ジャパン

クルー・ジャパン

トビウオジャパン

マーメイドジャパン

フェアリージャパンPOLA

2007年にポーラとスポンサー契約を結び、命名された。

ハヤテジャパン

マドンナジャパン

さくらJAPAN

クリスタル・ジャパン

スマイルジャパン

1 2