1. まとめトップ

歴代・うたのおねえさんの禁止事項や採用基準がヤバイ…【おかあさんといっしょ】

NHK『おかあさんといっしょ』のおねいさんの気になる裏側をまとめてみました。

更新日: 2017年04月07日

3 お気に入り 318525 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■■おかあさんといっしょ■■

『おかあさんといっしょ』は、NHK教育テレビ(NHK Eテレ)および国際放送のNHKワールドプレミアムで放送されている2 - 4歳児向け教育・音楽番組。日本のテレビ放送黎明期から現在まで続いており、日本とNHKを代表する番組のひとつである。
新聞テレビ欄などでは字数制限の都合上、「お母さんといっしょ」「お母さんと一緒」などと表記される場合があるが、本来は「おかあさんといっしょ」と全て平仮名で表記するのが正しい。

放送時間
時間はJST
国内放送(NHK教育テレビ)
月 - 土曜日8:00 - 8:24(再放送:月 - 金曜日16:30 - 16:54、土曜日17:00 - 17:24)
国外放送(NHKワールドプレミアム)
月 - 金曜日17:36 - 17:59 日曜日4:00 - 4:24(再放送:火 - 土曜日4:00 - 4:24)

内容は?

2~4歳児を対象とした教育エンターテインメント番組です。
お兄さんお姉さんと一緒にスタジオで楽しく展開する歌や体操、人形劇やアニメーションなどを通して、低年齢児にふさわしい情緒や表現、言葉や身体などの発達を助けることをねらいとしています。人形劇「ガラピコぷ~」は、水と緑が豊かな惑星「しずく星」で暮らす、ロボットをまじえた楽しい3人組のお話です。子どもたちにワクワクを届けるとともに、さまざまなものの感じ方・考え方があることの豊かさ、楽しさを味わってもらうことを目指しています。

▼では出演している(いた)、うたのおねえさんについて

三谷 たくみ(みたに たくみ、1986年5月8日 - )は、日本の女性歌手である。本名、三谷 卓美(読み同じ)。NHKの番組『おかあさんといっしょ』の20代目うたのおねえさん。神奈川県鎌倉市出身。身長は163cm血液型はO型。

「おかあさんといっしょ」(Eテレ)の20代目“うたのおねえさん”を務めていた三谷たくみが、4月1日の放送回をもって卒業。2月12日の卒業発表以来、世の父親たちからは彼女の卒業を惜しむ声が相次いでいたが、いざ番組内で卒業を宣言すると、そんな「たくみロス」が吹き飛んでしまったというのである。

生田斗真が日本テレビ「しゃべくり007」6月1日放送回にて、今会いたい人としておかあさんといっしょのうたのおねえさんのたくみんこと三谷たくみを挙げたことについて日テレオンデマンドで見ようとしたところ、1週間経過してもなお動画があがってこず、ついに試聴することができなかった。

なかなか過酷な世界ですね。では気になるうたのおねえさんの実態に迫りましょう。

“うたのおねえさん”として歴代最長の8年という任期を全う。ねぎらいと賞賛が惜しまれないなか、全国の子どもたちだけでなく、ママやパパたちにもそのショックは大きいようで…
そんな人気のうたのおねいさんになるには?

▼うたのおねえさんの採用基準

その1■“うたのおにいさん・おねえさん”は…歌のエリート中のエリート
だいすけお兄さんはあの「劇団四季」出身、たくみおねえさんも洗足学園音楽大学音楽学部声楽コースを卒業しています。うたのおねえさんだけに、音楽のエキスパートであることは必要不可欠ということ。

その2■フリルが可愛い服、被り物が似合うこと
これは意外と難しい!努力すれば似合うようになるものではありませんからね。小さい女の子や若いならまだしも、29歳までこの条件をクリアし続けたたくみおねえさんはスゴイ!

その3■「胸が大きい」「美人すぎる」は選考基準外!
美人すぎてはいけないというのは、語弊がある気もしますが、ハッとするような美人タイプよりも、親しみやすさや優しさがにじみ出ていて、周囲に安心感を与えられるようなルックスが優先されるということ。

フリルが可愛い洋服がよく似合い、美しい歌声を笑顔で披露するのが歌のお姉さん。一方ダンスのお姉さんはとにかく元気いっぱいに動き回り、時には子どもが喜ぶ被り物にも挑戦する。このようなキャラクターからダンスのお姉さんは、「親しみやすく、あまり美人ではない方が良い」といとうは話す。また激しい動きが多いことから、目のやり場に困る巨乳の女性はNGらしいです。

▼「うたのおねえさんの採用倍率600倍だった」!!!

日本一入るのが難しい大学と言われ、天才しか在籍していないと言われる東京大学理科Ⅲ類は、全受験生全体の上位0.01%ぐらいの人しか受からないといいます。が、筆記試験の善し悪しだけでなくトータルの要素で考えたら“うたのおねえさん”になる方が難しいかもしれません…

▼うたのおねいさんの禁止事項ってあるの?

NHKから言われたことは、歩き食いや信号無視の禁止。恋愛は「バレたらダメ」なので、恋人がいても人前でイチャイチャすることはできなかったと語る。また妊娠はしないで欲しいと、 釘を刺されたそうだ。

『おかあさんといっしょ』の放送は月曜から土曜日まで。また年に何度か開かれるファミリーコンサートや、各種イベントがある。打ち合わせやリハーサルも考えると、『おかあさんといっしょ』のレギュラー陣は大変日程がハードであろう。その中で代わりの効かない役割を引き受けている以上、自制を求められるのも仕方がない。特にスキャンダルが発覚しての番組降板は、絶対に避けなければならないのだ。

さらに、うたのおねえさんは1人しかおらず、代役を立てられないことから、日常生活に関する禁止事項も多いという。飛行機が欠航して収録に間に合わないなどのトラブルを避けるため、海外旅行が禁じられているほか、けがを防止する意味から、スポーツや自動車の運転も禁止されている。
 4月13日、9代目うたのおにいさんの杉田光央容疑者が覚せい剤所持容疑で逮捕される事件が起きたが、10代目を務めた今井ゆうぞう氏は「歌舞伎町を歩かない」という掟があったことを、番組卒業後に告白している。

▼うたのおねいさんのスケジュールは?

最初の3ヶ月で1000曲を覚える

また、就任して最初の3ヶ月で約1000曲もの楽曲を覚える必要があるようです。

うたのお兄さん・お姉さんが代わると、番組の中で流れる全ての曲の声が変わりますよね。その収録とレッスンにはものすごい労力を要するようです。

1日に10~12曲をレッスンし覚えるのは、キツいですよね。

「一般のママ」のキーに合わせるトレーニング

おかあさんといっしょで流れる曲のキーは、お母さんが子供に歌って聞かせてあげられるよう、一般女性が歌いやすいキーに設定されているのだそう。

その音域は、横山さんがかつて歌ってきた男声高音「テノール」よりも低く、その音域に合わせるためにトレーニングをすることも大変だったと明かしています。

どんなときでも「笑顔」

歌のお兄さん、お姉さんはそのイメージを壊さないため、仮に体調不良で病院に行くことになっても、子供に声をかけられたら笑顔で応対しなくてはいけないとされていたそうです。

また、収録はやり直しがきかないため、子供がいたずらをして予測不能な行動に出ても、柔軟に対応しつつ番組を続けなくてはいけません。

どんな場面でも常に「笑顔」を欠かしてはいけないこの仕事。実はとても大変なんですね。

声綺麗というか透き通ってるというか割と自分の声にコンプレっくす持ってるわしからしたら人間の声とは思えないほどにうたのおねいさん

▼ぶちゃけ、うたのおねいさんのお給料は?

「うたのお兄さん・お姉さん」についてはNHKの契約社員になるそうです。

詳しい年収は公表されていませんが、契約社員という立場上おそらく月給30万円程度ではないかと言われています。

1週間ほぼ休みなしの激務、しかもプライベートも制約が多い…。歌や子供が大好きで、並々ならぬ情熱がないとやっていけない仕事です。

▼おかあさんといっしょと言えばやっぱり

1 2