1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

受賞はアデル?ビヨンセ?…今年のグラミー賞は2人に大注目

現地時間2月12日、第59回グラミー賞授賞式が開催。注目のアデルとビヨンセ。主要部門の受賞はどのような結果になったのでしょうか?

更新日: 2017年02月13日

happystar12さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
34 お気に入り 50598 view
お気に入り追加

現地時間2月12日、第59回グラミー賞授賞式が開催

現地時間2月12日(日本時間13日)にロサンゼルスのステイプルズ・センターで第59回グラミー賞授賞式が開催

注目されていたシンガーのビヨンセとアデルのグラミー賞での勝負は、予想外の展開を見せながらも、授賞式を大いに盛り上げる内容となった。

最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞の主要3部門をアデルが受賞

最優秀アルバム賞、最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞の主要3部門すべてを英歌手アデルが受賞した。

アデルは受賞スピーチで、一騎打ち対決となったビヨンセに対して敬意を払い、「愛してます、私のママになってほしいくらい(I adore you, and I want you to be my mommy.)」とコメント。

【第59回 #グラミー賞 】 主要3部門含む計5冠を達成した歌姫アデル!スピーチではビヨンセに「あなたのことを愛しているわ!あなたは毎日私の魂を感動させてくれるのよ」と愛のメッセージ!これにはビヨンセも感涙! @THR pic.twitter.com/Ix9sQ8DcIk

アルバム「25」は2015年11月、全米だけで初週330万枚以上を売り上げる爆発的なヒットを記録。ワールドセールスは2000万枚を突破。同作の収録曲「Hello」は全米シングルチャート(ビルボード・ホット100)で10週にわたって首位に君臨した。

「Hello」のパフォーマンスで授賞式のオープニングを飾ったほか、ジョージ・マイケルを追悼し、「Fastlove」をパフォーマンスした。

残念ながら、主要部門の受賞を逃したビヨンセ

「最優秀ミュージック・ビデオ」「最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム」を受賞したのみだった。

デビッド・ボウイは最後のアルバム「ブラック・スター」で最優秀ロック・パフォーマンス受賞

昨年1月に死去したデビッド・ボウイが、最後のアルバム「ブラック・スター」で最優秀ロック・パフォーマンス、アルバム技術賞(クラシック以外)など5部門で受賞した。

ボウイは生前、グラミーを受賞したのは1度きりだった。1985年に「Jazzin’ For Blue Jean」で最優秀ビデオを獲得していた。

ちなみに同アルバムはデヴィッドの死の数日前にリリースされ、海外での評価も非常に高かった。

最優秀新人賞はチャンス・ザ・ラッパー

1 2





happystar12さん

私のまとめ記事を読んでいただいてありがとうございます。お気に入り登録して下さった方にも感謝します。

今年の目標は一人焼き肉です。

https://twitter.com/happystar012