1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

電子タバコってそもそも?

電子タバコ・・・
最近耳にしますよね・・・

先日、新聞で電子タバコの記事があって、
ちょっと気になって読んでしまったんです!!!

読む前までまでは、
電子タバコに対してマイナスイメージしかなかったんですけど、
しっかりと調べてみて色々と考えが変わりました。
(でも、新聞の記事が最後に言いたかったことではないような・・・・w)

なので、少し考えていただきたくまとめ記事書きます!

海外と日本とでは「電子タバコ」のとらえ方違う!!

ーー電子タバコとは?from Wikiーー

電子たばことは、乾燥葉や、液体を電熱線の発熱によりエアロゾル化する装置である。英語圏では、装置はヴェポライザーとも呼ばれ、電子たばこによる吸入を俗にVape(発音:veip:ヴェイプ)と呼ぶ。専門用語では電子ニコチン送達システム (Electronic nicotine delivery systems, ENDS)。

用いられる液体は、プロピレングリコール、グリセロール、水、香料からなり、ニコチンを追加することもできる。日本では薬事法のため、ニコチンの入った液体は販売されない。そのため日本ではタバコの葉の成分を摂取するプルームや、iQOS(アイコス)といった製品が販売されている。2008年頃から日本においてもメディアなどで取り上げられている。

有害性については議論がある。燃焼させた従来のたばこよりも毒性物質に曝露されない可能性が高い。2015年英国公衆衛生庁はたばこの喫煙よりも害が95%少ないと報告し、英首相はこのことを国民に周知させていくとしている。

様々な香料を溶かしたリキッドと呼ばれる液体を電気で熱し、気化した水蒸気の煙を吸って香りを楽しむ機器の総称。煙を発することから電子タバコと呼ばれることもありますが、リキッドタイプの機器はVAPE(ベイプ)と呼ばれることが定着してきました。

ーー重要なポイントーー

①用いられる液体は変えることができる

②日本ではニコチンの入った液体は販売されない

③たばこの喫煙より95%害が少ない

=電子タバコって大きく2つの種類があるってことですよね?

まず、海外では電子タバコというものは、
液体をいれて使用するものと説明されているのです。

それで、その液体というものには、ニコチンは含むものもあるんです!
でも、日本ではニコチン入りの液体は販売禁止!!

そこで、日本会社が発明したのが、
液体を使用せず、ニコチン成分を摂取することができる電子タバコ!

(まぁ。これを「電子タバコ」と総称できる日本が緩いのかもしれないです・・・。)

→ニコチン無しの電子タバコで主流なのは「VPone」
→ニコチン入りの電子タバコで主流なのは「iQOS」

まずは・・・

電子タバコ「VAPE」が流行りだしたきっかけは?

やっぱり海外セレブが使用していて、
え、これなぁに?ってなったみたいです!!!

今回はVAPE(電子たばこ/ベイプ/電子タバコ)に関係しそうな世界と日本の有名人、著名人、セレブたちをまとめてみました。

「VPone」とは?

ニコチンは入っていない電子タバコで、リキッドと言われる液体を電気で熱し、気化した水蒸気の煙を吸って香りを楽しむもの。リキッドの種類については初期段階では、「メンソール・コーラ・チョコレート・コーヒー」があり、いろんな種類が出始めてます。

ーーーtwitterではーーー

@ao_246 バニラとピーチをVPoneで吸ったけど強烈にムワンとした甘さがキます

最近電子タバコを併用しはじめたんだけど、電子タバコ進化したなあ。色んな味のリキッドがある。アップルメンソールが一番良い

1 2