1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

病むとこんな世界が見えます 精神疾患をテーマにしたおすすめ漫画集

精神病、精神障害をテーマにした漫画をまとめました。重い感じの漫画が多いと思いきや、明るいタッチのものも多いようです。しかし、その背後に隠れる本質はやはり深刻なものでしょう。ぜひ読んでみてください。

更新日: 2017年02月19日

reinequeenさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
541 お気に入り 365833 view
お気に入り追加

『こころを病んで精神科病院に入院していました。』 安藤たかゆき

ミステリアスな世界をストレス少なく覗いてみるにはもってこいではないだろうか。

『人間仮免中』『人間仮免中つづき』 卯月妙子

この作品の主人公でもある卯月妙子は、1971年生まれ、岩手県宮古市の出身。20才で結婚後、夫の借金返済のためAVの世界に入り、いわゆる“企画もの”での過激な作品で人気を集めた。

「人間仮免中」は夫の借金や自殺、自身の病気、自殺未遂など、波瀾に満ちた人生を送ってきた卯月が、25歳年上の男性・ボビーと出会い、愛を育んでいく様子を描いたエッセイマンガだ。

統合失調症の悪化により7回もの入院を経験する。2004年には、当時出演していたストリップ劇場のステージ上で自ら首を切り救急車で運ばれたという逸話も持っている。

『失踪日記』『失踪日記2 アル中病棟』 吾妻ひでお

1998年12月28日、漫画家吾妻ひでおは都内某所のA病院に入院した。精神科B病棟、通称アル中病棟である。

くせのある患者や医師、可愛くも厳しいナースたちと出会った通称「アル中病棟」での、仰天エピソードの数々が綴られている。

『アル中ワンダーランド』 まんしゅうきつこ

アルコール依存症の地獄に吸い込まれていくまんしゅうさんが描かれている。

アルコール依存症の代表的な離脱症状である幻聴、被害妄想、希死念慮などの体験が描かれていく

『ブラックジャックによろしく』 佐藤秀峰

私は精神科医で、マンガも好きですが、『ブラックジャックによろしく』ほどリアリティを追及した医療マンガを他に知りません。

『うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち』 田中圭一

著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。

【重版分入荷してます】『うつヌケ ~うつトンネルを抜けた人たち~』 社畜になりやすい人とウツとの関係について、14話に詳しく載ってます。また、トーチにて1話~4話も無料公開中!試し読みしたい人、お知り合いに勧めたい方は是非こちらへ… twitter.com/i/web/status/8…

『みちくさ日記』 道草晴子

13歳の若さで「ちばてつや賞」を受賞し漫画家としてデビューするも、ほどなく精神科病院に入院……

1 2





漫画系、ゴシップ系を中心にまとめます。健康系にも進出したい・・・
もし何かあればTwitterで教えてください(運営サイトからいけます)