1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

人気マンガの「スピンオフ」が面白すぎて腹筋崩壊したw

最近、何かと話題のスピンオフマンガ。斜め上の視点から描かれるサイドストーリーに思わず腹筋が崩壊しそうなほど笑ってしまう作品を集めてみました!

更新日: 2017年02月15日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 272479 view
お気に入り追加

■最近、人気漫画の「スピンオフ」が何かと話題になっています

既存の作品から、脇役を主人公に据えて新しく描いた外伝的な作品のこと

通常の続編とは異なり、元となる作品の展開上の必要に応じて生み出されるものではなく、登場キャラクターや劇中劇の人気にあやかって生み出される別方向性の作品

■という事で、話題のスピンオフ漫画をまとめてみました!

▶︎「中間管理職トネガワ」

福本伸行の作品『賭博黙示録カイジ』の登場人物の1人・利根川幸雄を主人公としたスピンオフ作品

総帥である暴君・兵藤会長のご機嫌を取りつつ、部下の黒服たちをまとめようと奮闘するという、中間管理職ならではの悲哀と苦悩を描いたコメディ漫画

中間管理職としての利根川の苦悩を面白おかしく描いた作品

中間管理職トネガワのkindle版が出てたので即買い。この絵でギャグやるのはズルいと思う。 pic.twitter.com/ouPzW8tI6s

全国の社会人の皆様から「笑いと涙を禁じ得ない」と圧倒的共感を得て、シリーズ累計100万部を超える大ヒット作に

二巻に行くあたりから、だんだん黒服のキャラも立ってきて、サラリーマン漫画として良質になってきた感があります

違った視点からカイジが楽しめる

▶︎「1日外出録ハンチョウ」

帝愛グループの劣悪債務者たちが収容される強制労働施設で、債務者たちの班長を務める大槻による悠々自適な飲食の記録

1日(24時間)だけ表の世界に戻って自由に行動できる権利「1日外出券」を使って、思いもよらない行動をするというストーリー

地下深くから地上に舞い戻ってきた班長の日常が描かれる

大槻班長は「地下チンチロ編」で強制労働施設に送られたカイジが配属されたE班の長で、サイコロを用いた「地下チンチロリン」で利益を得ていた男

そんな強烈なキャラクター、大槻が『中間管理録トネガワ』に続くカイジスピンオフシリーズ第二弾の主人公にまさかの抜擢となった

最近話題の「メシ漫画」としても楽しめる

カイジのスピンオフの、班長が1日だけ地下から外出して飲むだけの回、全ての描写が最高すぎる pic.twitter.com/61hvIROd3z

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします