クチャクチャと噛む音や人が呼吸をする音に晒されたとき、心拍数やガルバニック皮膚反応が増幅したこともわかりました

出典神経学で解明。ミソフォニア(音嫌悪症)の人たちは大袈裟に反応しているわけじゃない|ギズモード・ジャパン

ガルバニック皮膚反応:皮膚を流れる電流の抵抗が皮膚の湿気で低くなることを言う

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

呼吸音やタイピング音も不快に感じる「音嫌悪症候群」ってなに?

音嫌悪症候群(ミソフォニア)といわれる障害が、最近の研究でいろいろわかってきたそう

このまとめを見る