1. まとめトップ

タラレバ娘作者も…人気漫画作者の新作が面白すぎ!

「東京タラレバ娘」,「機動警察パトレイバー」,「げんしけん」,「四月は君の嘘」…名作を生んだ漫画家さんの新作はやっぱり面白かった…!一人でも多くの人に読んでほしくてまとめてみました!!

更新日: 2017年02月14日

1 お気に入り 9824 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

critical_phyさん

「タラレバ娘」の東村アキコ先生の新作はまさかの歴史物!注目を集めています!

『東京タラレバ娘』は漫画家・東村アキコ氏による現在も連載中の人気漫画。「“タラレバ”ばかり言ってたら、こんな年になってしまった」と嘆くアラサー女子3人組が、現実という壁にぶつかりながらも奮闘していく様を描いた。

「雪花の虎」は、東村アキコさんの歴史漫画で、月刊コミック誌「ヒバナ」(小学館)で連載中。単行本は1月末現在で4巻まで発売されており、人気も高い。

“満を持して”挑むは本格大河ロマン。…しかも題材は「女・上杉謙信」!というからには、面白くないはずがありません。実際に上越市へ取材に行かれ、「謙信は本当に女だった」という確信を得たという東村さんが、のびのびと、だけど「本気で」(!!)描かれた本作。

ほかにもあの人気漫画作者たちの新作が期待通りの面白さと話題に!

まじか…「パトレイバー」のゆうきまさみ先生がまさかの新ジャンルに挑戦!

もう大分と昔の作品ではありますが、この明るく前向きな物語と根強い人気は、何年経っても変わる事がない名作なんだということを強くしらしめているように思います。

漫画版は旧OVA発売とほぼ同時に週刊少年サンデーにて連載された。作者はゆうきまさみ。全22巻。原作と勘違いされることも多いが、氏も言っているように「あくまでメディアミックスの一環」である。

「パトレイバー」連載開始の同年には前年連載が終了した「あ〜る」で第19回星雲賞マンガ部門を、翌年には連載中の「パトレイバー」で第36回小学館漫画賞少年部門を受賞する。

まさか…BL!?兄妹漫画家コメディー!「ゆうきさん、どうしたの!?」と物議を醸した、革新の“漫画家マンガ"誕生!!

長年のファンからすれば特に驚きというのはないのかもしれませんが、最近ファンになった自分としてはあまりに新鮮です。妹の名前で出した兄の新人賞の漫画が大賞を受賞。しかもその漫画のジャンルはなんとBLだった。

でぃす×こみ2巻読み!相変わらずかおるは作品作りに困窮し兄となんだかんだしてる~!わたわたした感じもすごく楽しくて大好き!白クロもだけど、つっかえるとこなくすーっと楽に読み進めていける…先生のネーム力の高さはすごい! #でぃすこみ pic.twitter.com/as8hyT3zJG

泣ける…「げんしけん」の木尾士目先生の新作はファンなら必ず読んでおくべし…!

げんしけん(現視研)=現代視覚文化研究会という、オタク文化を研究する椎応大学のサークルを舞台に、 そこに集まってくる学生達のオタクな日常生活を描いている作品。

「現視研」は、漫画、アニメ、ライトノベル、コンピュータゲーム(ギャルゲ、エロゲ)、コスプレ、同人誌二次創作といったオタクカルチャー全てを対象とする総合的サークルとして発足し、新入生たちの入会によって少しずつ活気を見せていく様子が描かれる。

なんだか自分の学生時代のことを思い出してしまい、懐かしさに胸が熱くなるような作品でもある。そうそう、部室でのダベり方とか、あんな感じの人間関係とか、あったなぁ・・・と。

オタクな旦那さんと、妊娠中のその奥さんの、まったり&過激な日々を描く本作。木尾先生らしい空気感と会話テンポは変わらず、何とも微笑ましい2人を楽しめます。・・・が、この2人・・・。

元々は読み切りの予定だったため、作者のお遊び要素で、旦那と奥さんは「げんしけん」の斑目晴信と春日部咲をモデルとして描かれていた。タイトルのSpotted Flowerも「Spotted(斑)」+「Flower(花→咲)」と両名の名前が由来となっている。

『Spotted Flower』は、『げんしけん』であったかもしれないもう一つの話。「そんな未来…」を描いた作品です。咲ちゃんと高坂が別れてしまい斑目と結ばれて…という「if」です。

げんしけん二代目最終巻読んだ後にSpotted Flower読むと満足感半端ない

号泣注意…「四月は君の嘘」新川直司先生の新作が盛り上がっている!

2011年5月号より月刊少年マガジンで連載開始、2015年3月号にて完結。全11巻。中学生のピアニスト少年とヴァイオリニスト少女、そしてその周囲の人々が織り成す音楽・青春・恋愛漫画。

“泣けるラブストーリー”として第37回講談社漫画賞を受賞。2014年10月から放送されたアニメも、「SUGOI JAPAN Award2016」でアニメ部門第1位を獲得するなど、各界から高い評価を受けた。

1 2