1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

CMも話題のポテチ「炙り和牛」味が売れすぎで販売休止に!

湖池屋の「PRIDE POTATO 魅惑の炙り和牛」味が売れすぎて販売休止に!“歌がうますぎる女子高生”鈴木瑛美子さんが歌うCMも話題になっています♪

更新日: 2017年02月15日

CloverSさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
84 お気に入り 128593 view
お気に入り追加

◆「KOIKEYA PRIDE POTATO」の「魅惑の炙り和牛」味が売れすぎて一時販売休止に

湖池屋は2月14日、発売したばかりのポテトチップス「KOIKEYA PRIDE POTATO」について、「魅惑の炙り和牛」味の販売を一時休止すると発表しました。

同社の発表によると「当初の販売計画を大幅に上回り、十分な供給量を確保できない状況」になった

このため湖池屋は当面、「秘伝濃厚のり塩」と「松茸香る極みだし塩」に生産を集中し、安定供給を図る。

◆50年以上に亘ってポテトチップスをつくり続けてきた「湖池屋」

湖池屋は、1962年の「コイケヤポテトチップス のり塩」発売以来、日本産のじゃがいもにこだわり、50年以上に亘ってポテトチップスをつくり続けてきました。

1980年代から個性的なテレビCMを製作し、そのインパクトで知名度を伸ばしてきた。佐藤雅彦が数多くのCMを手がけ、「ポリンキー」「ドンタコス」は名作CMとして未だに語り継がれている。

カルビーがポテトチップスを発売したのは、湖池屋に遅れること13年の1975年だが、ポテチ市場のシェアは「今やカルビーが7割超で、湖池屋は約2割」(業界関係者)と大きく水をあけられている。

佐藤社長は「スナック市場は停滞傾向にあるが、原点に帰り“味な湖池屋”を目指す。2020年度の売上500億円を目標に、高利益体質にしたい」と抱負を語った。

◆「KOIKEYA PRIDE POTATO」では、湖池屋のプライドが注ぎ込まれた

日本産じゃがいもを100%使用し、まるで料理を作るようにポテトチップスづくりにこだわっていた創業時代の湖池屋のプライドが注ぎ込まれた「KOIKEYA PRIDE POTATO」

味つけにおいても日本ならではの味わいにこだわり抜き「秘伝濃厚のり塩」、「松茸香る極みだし塩」、「魅惑の炙り和牛」の3品を完成させました。

6日にコンビニエンスストア、13日にスーパーや百貨店など一般流通で発売。

◆“歌がうますぎる女子高生”鈴木瑛美子さんが歌うCMも話題に

鈴木さんは、全国ゴスペルコンテスト ゴスペル甲子園2015 ボーカル部門にて優勝の実績を持つ実力者。そんな彼女に、『100%日本産の芋を使っている』という湖池屋のこだわりを、直球すぎる歌で表現してもらいました。

鈴木さんは制服姿で大地を踏みしめながら、ポテトチップスを片手に持ち「100%日本産のいもを使っているの」と熱唱。生い茂る緑を背に、力強く伸びやかな歌声を披露している。

◆このインパクトのあるCMには、気になる人が続出している

小池屋の新作ポテチの女の子出てるCMまじかっこいいよね

ポテチのCMの人歌うますぎて毎回しっかり見てまう

コイケヤの、JKが「いもぉぉおおいもおおおぉぉおお」ってめちゃくちゃ吠えてるポテチのCMあるじゃん、あれ見る度になんでか心臓すごいドキドキするんだけど……

コイケヤのポテチのCMで歌ってる女の子かっこいいな。声量すごい。

◆今回発売休止になる「 魅惑の炙り和牛」は、一度食べたら虜になる個性派ポテチとして生まれた

1 2





CloverSさん