1. まとめトップ

染料プリンターは買うな!![プロは顔料 ]

せっかく撮影した写真!できれば出力までこだわりたいですよね。プリンターを買う際に疑問となる染料、顔料どっちを買えばいいの?迷うことはなく顔料をお勧めします!!

更新日: 2017年02月15日

1 お気に入り 10398 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

u1234さん

写真プリントで人気の上位機種は?

写真プリント用でヨドバシとかで売っている人気の上位機種は以下のあたり!売り場のプリントを見てもらえばわかるようにインクジェット最高峰のプリントができる

染料のが発色鮮やかって書いてあるし染料にしようかな!

写真をプリントしたいどうせならいいのを買おう!!と思って見て調べてみたけど染料プリンターと顔料プリンターがあるみたい!どっちにしようって調べてみたら染料の方が発色が鮮やかって書いてあるからこっちにしよ!と思っているあなた!!ちょっとストップ!!本当に顔料プリンターの方がいい!その理由は以下の現象が起こるからだ!!

モニターとプリントの色が合わない!!なんで?

モニターの色はパソコンによって実は色が異なる!!これはどうにもならいようで実は同じ種類のパソコンであっても工場出荷の段階から微妙に色が異なってしまう!さらに言えばモニターの輝度(明るさ)もプリント用(5000K,ケルビン)の数値に合わせないといけないのです。そのためにキャリブレーションという作業が必要になってきます!

キャリブレーションって?

一言で言うならモニターの色を正しい発色に合わせましょう!という作業でこれには専用のモニターが必要になってきます。パソコンが2台ある人は同じ画像をそれぞれで見比べてみましょう。色が同じでないことがわかります。キャリブレーションに必要な機材は以下のような機材です。

これが高いんです。さらに厳密に言えばプリント用紙のプロファイルを作成して今度はプリンターとモニターの色合わせの作業が必要になってきます。

そこまで揃えるのは無理!どうすればいいの?

とういうことで現実的な路線を言うとEPSONやCANONの上位機種には簡易的に色合わせができるアプリケーションソフトが付いてきます。そこでモニターとの近似色まで持って行きあとはプリントしながら微調整を行っていく、という作業になります。その際に染料プリンター最大の欠点が立ちはだかります。

染料プリンターは色が安定するまで丸1日かかる!!

そう、染料プリンターはインクが乾ききって安定するまでにどんどん色が変わっていきます。
出力を見て色を合わせていく場合これが最大のネックになっていきます。もちろんどこまでこだわるかにもよりますが、専用のモニターでキャリブレーションを行い、用紙のプロファイルを作成した場合でも出力を見て微調整する作業はある種必須のものです。
一方顔料プリンターは5分もすればある程度色が安定してきます。
事実、写真のプロが使っているのは圧倒的に顔料プリンターです。染料はインクが乾くのが遅すぎて仕事では使い物にならないからです。

こだわるなら顔料一択!!

写真コンテストなどに関してもインクジェット出力の場合、顔料でないとダメなものが存在します。これは写真の耐久性によるもので顔料インクの方が経年変化に強い特性があるからです。
写真にこだわりたいならば、顔料プリンターを購入することをお勧めします!

1