1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

異例の決済延期に不正疑惑…東芝に何があったのか

東芝が決算報告できず異例の延長申請を行いました。その日の午後会見し、原子力事業で発生した損失額が7125億円に上る見通しだと発表。倒産の危機に直面しています。

更新日: 2017年02月15日

23 お気に入り 104994 view
お気に入り追加

・東芝決算報告できず異例の延長申請

2月14日正午に公表予定だった2016年4~12月期決算について、関連する報告書の提出期限を1カ月延期するよう、関東財務局に申請したと、同日発表した。

監査法人や弁護士との協議がととのわず、東芝の責任において業績数値を公表した。

公表資料に「独立監査人によるレビュー手続き中であり、(数字が)大きく修正される可能性があります」と注記をつける、異例の展開

日本を代表する総合電機メーカーだった東芝が、深刻な経営危機に陥っていることが明らかになった。

・午後、原子力事業で大赤字を計上したことを発表

東芝は14日、2016年4~12月期に米国などの原子力事業で発生した損失額が7125億円に上る見通しだと発表

株主資本は12月末時点で1912億円のマイナスと、負債が資産を上回る債務超過に陥ることもあわせて発表した。

原子力事業での巨額損失の責任を取って、原子力事業を統括する志賀重範会長が15日付けで辞任すると発表した。

・なぜ延長になったのか

東芝が2006年に社運をかけて傘下に収めた原発プラント大手、米ウエスチングハウス(WH)

米原子力サービス会社の買収の会計処理をめぐり、WH経営者の不正行為があった疑いが浮上

赤字事業の最中に米原発建設会社(S&W)の買収を行っているのも疑問。損失を生み出した原因の解明は、いまだ不十分と言わざるを得ない。

1年後に巨額損失が出る可能性があったのに、なぜWHがS&Wを買収したのか、という理由はあいまいなまま

畠沢氏は、「(S&WをWHに売却した)CB&Iの財務諸表や資料を見て、それを信じて判断した」と述べただけで、買収の経緯をめぐる不透明感は払拭しきれていない。

・東芝の一連の流れに厳しい声が飛ぶ

倒産するのではという意見も多数出ている。

東芝。昨年12月末の自己資本はマイナス1912億円。今年3月末の純損益は3900億円の赤字であり、このままなら3月末の自己資本はマイナス1500億円の債務超過。何しろウェスチングハウスの赤字規模が東芝自身がわからないというのだから悲惨。普通の企業ならとっくに倒産。

東芝見てるとほんま悲しくなってくるな。東芝にだって別に優秀な人がおらんかったわけじやないのに、一部の老害とも言える連中が権力握っておそらくは給料とプライドとあたりのために自分の成績をごまか(粉飾)して自分の代は逃げ切ってその後には倒産間近なゴミの塊が残ってるんだからな。

東芝は原子力だけになったら確実に1年で倒産するだろう。半導体とセットで原子力を売却しないと誰も増資を受けれないよね。シャープなどの再生案件とは全くスキームが違うんだよな。赤字の原子力を切り離さないと。

「東芝解体」決定的に。創業113年の名門が消滅か。今半導体を切り離せば東芝の名前は残るが、半導体売ったら不採算事業ばかりだから、会社としては残りカスみたいなもん。切り売りしてでも会社は残すか、倒産するか。

・赤字により頼みの半導体事業も売却へ

3月末をめどに実施する半導体メモリー事業の分社で、外部から受け入れる出資比率について、中期的には過半を超える株式の譲渡も検討すると発表

1 2





ネットで話題のニュースを独自の視点でまとめています。
今日は何の日?
https://goo.gl/M1m8ew

このまとめに参加する