1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ただただ歓喜…『名作コミック』続々復活に喜びの声が止まらない!

かつて一世を風靡した伝説の人気コミックの続編が次々と新連載をスタート!往年のファンはもちろん、作品に初めて接する読者にとっても嬉しいニュースとなりそうな予感。

更新日: 2017年02月17日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
104 お気に入り 440939 view
お気に入り追加

◆伝説の野球コミック「キャプテン」が復活、新連載スタート!

故ちばあきお氏の名作野球漫画「キャプテン」の続編が38年ぶりに復活する。4月5日発売の「グランドジャンプ」9号(4月5日発売 集英社)から連載される

【特報!】伝説の野球漫画 ちばあきお『キャプテン』が38年ぶりに復活!コージィ城倉が描く“続編”グランドジャンプ9号(4/5発売)より新連載開始! grandjump.shueisha.co.jp/captain/ grandjump.shueisha.co.jp/_image/_right/…

1972年から「月刊少年ジャンプ」(※旧・別冊少年ジャンプ)で連載された野球漫画。墨谷二中野球部の歴代キャプテンたちを主人公に、等身大の少年たちが努力を重ねて、強豪へと成長していく姿を描き大ヒット

愛読していたプロ野球選手も多数。80年代にアニメ化、2007年には実写映画化されるなど、時代を超えて愛される国民的野球コミックといえる

新作のタイトルは連載直前で発表する予定で、高校3年生になった谷口が、後輩の丸井とイガラシと共に、甲子園を目指す最後の夏の戦いを描く

作画、物語は漫画家コージィ城倉氏が担当

作画、物語ともコージィ城倉氏(53)が担当。大の「キャプテン」ファンで、オマージュ作とされる「おれはキャプテン」などの野球漫画で知られる

コージィは「新機軸は打ち出しません。コンセプトは『何も足さない。何も引かない』。ちばあきお先生が生きていたらおそらくこんなカンジで描いたのではないだろうか…というテイストを“再現”してみたい」とコメント

(あきお氏の)兄てつや氏は「(物語が)途切れたままで寂しく思っていた。雑誌が発売されたら一緒に並んで読みたい」と感慨深げに話した

グランドジャンプでキャプテンが連載とか 歓喜以外に表現が見つからない

◆時代劇コミック「黒鉄」が「「黒鉄・改」として新連載開始!

グランドジャンプ5号(集英社)にて、過去にモーニング(講談社)にて連載されていた冬目景「黒鉄」が「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」のタイトルで新連載としてスタート

天才蘭学者・源吉の手によって“半身機械”となった渡世人「鋼の迅鉄(はがねのじんてつ)」と、相棒の銘刀「鋼丸(はがねまる)」の終わりのない旅を描く。1997年から「モーニング」で連載を始めたが、2001年に休載していた

15年の時を経て昨年11月、掲載誌を『グランドジャンプ』に変えての復活が決定し、同誌23号で「連載プレ読み切り」が掲載され大きな話題を読んだ

「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」の第1話「出立の刻(とき)」は、謎の3人組が、書簡を守ろうとする侍を囲むシーンから始まる。そこに「鋼丸」を持つ無宿の女渡世人「紅雀の丹(べにすずめのまこと)」が止めに入る……というストーリー

冬目景先生の黒鉄がグランドジャンプで『黒鉄・改 KUROGANE-KAI』と名を新たに復活新連載として連載開始されててテンション上がった。まじか。黒鉄の休載からもう15年くらいは経ってるんじゃないかな pic.twitter.com/2nWS9H2VHw

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう