1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

写メりたくなる!日本国内の「カラフルスポット」が超素敵♡

おでかけに行ったときSNSで報告するのは当たり前ですよね♡いいねをたくさんもらいたいならフォトジェニックなカラフルスポットに行くのがおススメ♡今回は日本国内のカラフルスポットを載せてみました♡

更新日: 2017年04月17日

pakoinpakoさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1453 お気に入り 318060 view
お気に入り追加

まるで別世界に来たかのような独特な雰囲気♡

三鷹天命反転住宅は、美術家・建築家の荒川修作とパートナーのマドリン・ギンズが手がけた、アートであり、かつ実際に暮らすことのできる住宅です。東京都三鷹市の住宅街にそびえ立つその姿は、周囲に大きな存在感を放っています。

三鷹天命反転住宅は、美術家・建築家の荒川修作とパートナーのマドリン・ギンズが手がけた、アートであり、かつ実際に暮らすことのできる住宅です。東京都三鷹市の住宅街にそびえ立つその姿は、周囲に大きな存在感を放っています。カラフルなデザインや各部屋のユニークな構造が特徴で、荒川修作とマドリン・ギンズが「人が住んで初めて完成する」と述べたように、まさに"住める・泊まれるアート"なのです。一般の住宅ではあるのですが、実は一部の部屋は、旅行者でも利用できるショートステイプログラムが設定されています。

この住宅は、内外装に14色の鮮やかな色が施され、一部屋一部屋の色の組合せが全く異なることから、「極彩色の死なない家」として三鷹市のランドマーク的存在にもなっています。

各パーツが原色で塗られ、室内の床は凸凹。ヘレン・ケラーが身体を使い、自然と環境・人間の関係を知ったように、あなたの身体のもつ大いなる希望を見つけ、生命の無限の力を体験できる、まったく新しい住宅です。

三鷹『三鷹天命反転住宅』 学芸員さんの話が面白くて、ど素人のわたしでも理解しやすかった pic.twitter.com/bTcM2Sk0kR

高尾山の帰りに天命反転住宅の写真を撮ってきました あぁあ(´Д` )あぁあ 素晴らしすぎ❗️三鷹民として誇らしいです✨ pic.twitter.com/hsJck3hNFf

個性的なアート作品を数多く展示している♡

四季の花咲く庭園と、ヴェネチアングラスの名品約150点を展示する美術館。

2003年10月オープン。現代アートを中心にジャンルを超えたさまざまな展覧会や研究、パブリックプログラム(教育普及活動)を通じて、多くの人々に開かれた美術館のあり方を提案します。また日本およびアジアのアーティストが世界に向かって活躍する基盤となり、同時に人々の交流と対話を生む出す場になることを目指しています。

ここには何とステンドグラスで出来た塔「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」があるのです!

目を奪われるほどの美しいステンドグラスは、かの有名なティファニーが制作したものなんです!1890年代には、ステンドグラス造りの頂点として名を馳せたティファニーの作品。国内でその世界観を満喫できる魅力的なスポットです♡

ステンドグラス大好きな人間としては、箱根彫刻の森美術館のステンドグラスはいつか行きたい。ここ登りたい...。 最近は、いつか行ってみたいところをひたすらメモしているよ。 pic.twitter.com/F2Z5jlFrKo

迷路のようになっていてとっても楽しそう♡

平成7(1995)年にオープンした養老山麓のシュールなアートスポット「養老天命反転地」。

養老天命反転地は、現代美術家の荒川修作と詩人マドリン・ギンズのプロジェクトが実現され、「意外性との遭遇」をコンセプトとした体験型芸術庭園です。非日常空間により、眠っている五感が更に目覚めさせられます。水平・垂直が極力取り除かれていますので、ゴム底靴などの動きやすい靴で入園して下さい。

「養老天命反転地」は、作品の中を回遊し体験することで作品を鑑賞することができるように設計されています!そのユニークで刺激的なコンセプトから、開園当初より多くの観光客でにぎわっています。

中に入ると不思議空間の登場!迷路のようになっていて床はぐにゃぐにゃ坂になっていて不安定です。いきなり低くなったり海みたい。天井も迷路みたいになっていて飾りでコンセントがついています。ん~まさに反転!色鮮やかな建物で楽しいです。

1 2





pakoinpakoさん

このまとめに参加する