1. まとめトップ

【速報】都市伝説関暁夫が語っていた事は本当だった!AIと人間の融合についてある人物がついに語った!

やりすぎ都市伝説をご覧の方は関暁夫が今までどういう事を語ってきた事は承知でしょう。「信じるか信じないかはあなた次第」のフレーズで曖昧にしてて賛否両論はありますが、今日のこのニュースを読んだら、、、信じるか信じないかはあなた次第♪

更新日: 2017年02月16日

2 お気に入り 19104 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

niconico1717さん

□その人物とは、、、イーロンマスク!!

今までの都市伝説を説明したら100ページを軽く超えちゃうので、イーロンマスクについての都市伝説だけ簡単に説明します!

□イーロンマスクって??

ビルダーバーグ会議に参加した人物は必ず大統領になると言われている。ビル・クリントン元大統領、オバマ前大統領も選挙前に参加してのちに大統領になっているらしい。そしてつい最近のアメリカ大統領選挙前に参加した人物は、、、残念ながらトランプではないがその代わりにトランプの投資家ピーター・ティール、マークザッカーバーグ、そしてイーロンマスクが呼ばれた。

ビルダーバーグ会議とはロックフェラー傘下の外交問題評議会とロスチャイルド傘下の王位国際研究所が中心となり、1954年から毎年開催されている完全非公開の会議のことで、この会議がいわば世界を動かすための裏のサミットである

□そして本題!!今月ドバイで開かれた「世界政府サミット」に参加したイーロンマスクが語ったことは!?

「人工知能に人間の職は奪われる」テスラのイーロン・マスク氏、ベーシックインカムが必須と語る

遠い将来を見据え、人間は最終的に人工知能(AI)と統合しなければならないと提案した。

「これからは、人間がロボットに勝る仕事はますます少なくなる」

マスク氏は、人間が無関係な存在にならないようにするために、機械の速度で通信できる方法でAIと統合する必要があると言う。

「脳に対する高帯域幅インタフェースは、人間と機械の知性の共生を助け、おそらく制御問題と有用性の問題を解決するだろう」

AIが人間に取って代わる「危険な状況」が近々起こると予感しており、その状況を回避するためには人間が機械化するしかないという。

問題は処理能力にあります。コンピュータは1秒間に1兆ビットの情報を処理しますが、人間はたったの10ビットです。このままでは、いずれAIが人間を余分なものとして排除する可能性もあります。しかし、高速処理を実現するインターフェースを脳に装着することで驚異的なスピードアップに期待できるのです

このことを本能を司る大脳辺縁系と、思考を司る大脳皮質がそれぞれ共同して機能することにたとえ、大脳皮質の脳神経をデジタル化した身体に接続し、人間を超えたAI - ヒューマンサイボーグになることを提案

「これは、私がそうなってほしいと思う希望ではなく、おそらく現実になることだ」

1